カルロ1世・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロ1世

カルロ1世・ディ・サヴォイア(Carlo I di Savoia, 1468年3月29日カリニャーノ - 1490年3月13日ピネローロ)はサヴォイア公ピエモンテ公アオスタ伯、モーリエンヌ伯、ニース伯(在位:1482年 - 1490年)、サルッツォ侯(在位:1487年 - 1490年)、さらにキプロス王エルサレム王(在位:1485年 - 1490年)。通称イル・ゲッリェーロ(il guerriero:武人)。アメデーオ9世とその妻ヨランド(フランス王シャルル7世の娘)の間の息子。フィリベルト1世の弟。早世した兄の後を継いだ。

1485年、モンフェッラート侯グリエルモ8世の娘ビアンカと結婚し、2子をもうけた。

先代:
カルロッタ
キプロス王
エルサレム王
アルメニア王
1485年 - 1490年
次代:
カルロ2世