フランチェスコ・ジャチント・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サヴォイア公フランチェスコ・ジャチント

フランチェスコ・ジャチント・ディ・サヴォイア(Francesco Giacinto di Savoia, 1632年9月14日トリノ - 1638年10月4日トリノ)は、サヴォイア公サルッツォ侯ピエモンテ公アオスタ伯、モーリエンヌ伯、ニース伯、キプロス王エルサレム王(在位:1637年 - 1638年)。フランス語名フランソワ・ヤサント・ド・サヴォワ(François Hyacinthe de Savoie)。

ヴィットーリオ・アメデーオ1世が1637年に死去したため、母マリーア・クリスティーナの摂政の下に5歳で即位したが、1年後に夭逝した。