マルグリット・ド・ロレーヌ (1615-1672)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルグリット・ド・ロレーヌ(アンソニー・ヴァン・ダイク作)

マルグリット・ド・ロレーヌ(Marguerite de Lorraine, 1615年7月22日 - 1672年4月13日)は、フランスルイ13世の弟オルレアン公ガストンの2番目の妃。父はロレーヌ公フランソワ2世、母はザルム女伯クリスティーナ。

父フランソワは元来はヴォーデモン伯であり、マルグリットは元はマルグリット・ド・ヴォーデモン(Marguerite de Vaudémont)と呼ばれた。マルグリットの兄シャルル4世がロレーヌ公位を継承し、またフランソワもこの継承問題にからんで1625年に数日間だけロレーヌ公となったため、マルグリットもマルグリット・ド・ロレーヌとして知られることになった。

マルグリットは1632年にナンシーオルレアン公ガストンと結婚した。2人の間には1男4女が生まれ、3女が成人に達した。