マリー・ジャンヌ・ド・サヴォワ=ヌムール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・ジャンヌ・ド・サヴォワ=ヌムール

マリー・ジャンヌ・バティスト・ド・サヴォワ=ヌムール(Marie Jeanne Baptiste de Savoie-Nemours, 1644年4月11日 - 1724年3月15日)は、サヴォイア公カルロ・エマヌエーレ2世の2番目の妃で、サルデーニャ王ヴィットーリオ・アメデーオ2世の母。イタリア名はマリーア・ジョヴァンナ・バッティスタ・ディ・サヴォイア(Maria Giovanna Battista di Savoia)。

サヴォイア家傍系サヴォワ=ヌムール家の出身で、第6代ヌムール公シャルル=アメデの長女。母エリザベート・ド・ブルボン=ヴァンドームはフランス王アンリ4世の庶子ヴァンドーム公セザールの娘で、カルロ・エマヌエーレ2世およびその最初の妃フランソワーズ・マドレーヌ・ドルレアンの従姉にあたる。妹に2代のポルトガル王の妃となったマリー・フランソワーズがいる。

元はロレーヌ公シャルル5世と婚約していたが、1665年にカルロ・エマヌエーレ2世と結婚した。カルロ・エマヌエーレ2世は前年に自身およびシャルル5世の従妹にあたる先妻フランソワーズ・マドレーヌ・ドルレアンと、結婚から1年足らずで死別していた。1666年に唯一の子供ヴィットーリオ・アメデーオ2世が生まれた。1675年に夫と死別した後は一人息子の摂政を務めた。