フェルディナント・マクシミリアン・フォン・バーデン=バーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ferdinand Maximilian.jpg

フェルディナント・マクシミリアン・フォン・バーデン=バーデン(Ferdinand Maximilian von Baden-Baden, 1625年9月23日 - 1669年11月4日)は、バーデン=バーデン辺境伯の世嗣(Erbprinz)。バーデン=バーデン辺境伯ヴィルヘルムとホーエンツォレルン=ヘヒンゲン侯ヨハン・ゲオルクの娘カタリーナ・ウルスラの長男。

1653年パリでカリニャーノ公トンマーゾ・フランチェスコの次女でプリンツ・オイゲンの叔母ルイーザ・クリスティーナと結婚、ルートヴィヒ・ヴィルヘルムを儲けたが、ルイーザ・クリスティーナはバーデンへ行くことを拒否、息子と共にパリに残った。後にフェルディナント・マクシミリアンは息子をバーデンへ連れて行った。

1669年、ハイデルベルクプファルツ選帝侯カール1世ルートヴィヒと狩猟中に死亡した。ルートヴィヒ・ヴィルヘルムは祖父ヴィルヘルムの後妻マリア・マグダレーナ・フォン・オエッティンゲン=カッツェンシュタインに引き取られ、1677年のヴィルヘルムの死後バーデン=バーデン辺境伯位を継承した。