カタリーナ・ミカエラ・デ・アウストリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタリーナ・ミカエラ

カタリーナ・ミカエラ・デ・アウストリア(Catalina Micaela de Austria, 1567年10月10日 - 1597年11月6日)は、サヴォイアカルロ・エマヌエーレ1世の妃。イタリア語名はカテリーナ・ミカエーラ・ディ・スパーニャ(Caterina Micaela de Spagna)。

スペインフェリペ2世と3度目の王妃エリザベート・ド・ヴァロワの次女としてマドリードで生まれた。同母姉にイサベル・クララ・エウヘニアがいる。

1585年3月、サヴォイア公子カルロ・エマヌエーレとサラゴサで結婚、11人の子が生まれた。

カタリーナ・ミカエラは、1597年トリノで亡くなった。