イザベッラ・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サヴォイア公女イザベッラ

イザベッラ・ディ・サヴォイアIsabella di Savoia, 1591年3月11日 - 1626年8月26日)は、イタリアサヴォイア家の公女で、モデナアルフォンソ3世の妻。夫の家督継承以前に死去したので、モデナ公爵夫人にはなっていない。

サヴォイアカルロ・エマヌエーレ1世とその妻でスペインフェリペ2世の娘であるカタリーナ・ミカエラの間の次女として生まれた[1]。1608年2月22日にトリノにおいて、モデナ公チェーザレ・デステの長男アルフォンソと結婚した。結婚生活は非常に幸福なもので、アルフォンソは妻に深い愛情を捧げた。1626年にイザベッラが14番目の子供を出産した際に死去すると、アルフォンソは悲嘆にくれ、2度と再婚しなかった。

子女[編集]

夫との間には9男5女の14人の子女をもうけ、うち8人(6男2女)が成人した。

  • チェーザレ(1609年 - 1613年)
  • フランチェスコ(1610年 - 1658年) - モデナ公
  • オビッツォ(1611年 - 1644年) - モデナ司教
  • カテリーナ(1613年 - 1628年)
  • チェーザレ(1614年 - 1677年)
  • アレッサンドロ(1615年)
  • カルロ(1616年 - 1679年)
  • リナルド(1618年 - 1672年) - 枢機卿、レッジョ司教
  • マルゲリータ(1619年 - 1692年) - 1647年、グアスタッラ公フェランテ3世と結婚
  • ベアトリーチェ(1620年)
  • ベアトリーチェ(1622年 - 1623年)
  • フィリベルト(1623年 - 1645年)
  • ボニファツィオ(1624年)
  • アンナ(1626年 - 1690年) - 1656年、ミランドラ公アレッサンドロ2世・ピコ・デッラ・ミランドラと結婚

脚注[編集]

  1. ^ Savoy3