エリザベート・ド・ヴァロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリザベート・ド・ヴァロワまたはエリザベート・ド・フランスフランス語:Élisabeth de FranceまたはÉlisabeth de Valois1545年4月2日 - 1568年10月3日)は、スペインフェリペ2世の3度目の王妃。スペイン語名はイサベル・デ・バロイス(Isabel de Valois)。

のちのフランスアンリ2世と妃カトリーヌ・ド・メディシスの第2子(長女)として、フォンテーヌブロー城で生まれた。長兄であるドーファン・フランソワ(のちのフランソワ2世)の婚約者としてスコットランド女王メアリー1世が宮廷で養育されており、彼女と同じ部屋で育ったとされる。

エリザベートが最初に婚約したのは、イングランド王エドワード6世であったが、彼は1553年に病死した。14歳の時、フランス=スペイン間で締結されたカトー・カンブレジ条約に従って、彼女はフェリペ2世の元へ輿入れすることになった。フェリペ2世はエリザベートより2まわり以上年上で、彼は長男ドン・カルロスの婚約者であったエリザベートに求婚したのだった。代理人による結婚式は、1559年6月22日、パリのノートルダム大聖堂で行われた。彼女の結婚式の祝宴は、実父アンリ2世の悲劇的な事故のさなかであった。

エリザベートが初めてスペイン領内に入ったのは1560年1月6日、ロンセスバーリェスにおいてであった。同年2月2日、グアダラハラのインファンタド宮殿にてエリザベートはフェリペとともに正式な結婚式を挙げた。

1564年の初めての妊娠は、流産に終わった。王妃の次の妊娠が待望され、彼女はパリ司教であり殉教者であった聖エウヘニオ(フランス語名聖ウジェーヌ)が祀られているマドリードへ移った。神の助けか自然の摂理か、1566年8月12日、エリザベートはイサベル・クララ・エウヘニア王女を出産した。イサベルとは王妃エリザベートのスペイン語名、エウヘニアとは王妃が加護を求めた聖人の名であった。1567年10月、エリザベートはカタリーナ・ミカエラ王女を出産した。

1568年5月、エリザベートの健康状態は悪化した。新たな妊娠は彼女に嘔吐、めまいといった不調をもたらし、症状の緩和のため宮廷医師が付き添わねばならなかった。同年10月3日、エリザベートは死産し、直後に急死した。国王の生母とならなかったエリザベートは、エル・エスコリアル修道院の王立納骨堂(es)内のパンテオン・デ・インファンタスに埋葬された。