トルクァート・タッソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トルクァート・タッソ

トルクァート・タッソTorquato Tasso, 1544年3月11日 - 1595年4月25日)は、16世紀イタリア叙事詩人。

生涯[編集]

ソレントに生まれる。父ベルナルド・タッソも詩人であった。パドヴァ大学で法律を学んだがやがてこれを断念し、1562年叙事詩『リナルド』(Rinardo)を出版した。

フェラーラ枢機卿ルイージ・デステに仕え、1573年牧歌劇アミンタ』(Aminta)および叙事詩の傑作『解放されたエルサレムLa Gerusalemme liberata, 1575年)を書いた。ルイジに従い1571年にフランスに赴き、詩人ロンサールに会う。

帰国後エステ家フェラーラ公アルフォンソ2世に仕え厚遇される。このころ大いに名声を博し、多くの模倣者を出した。公の妹レオノーラを恋し、多くのソネットを捧げている。しかし『解放されたエルサレム』の内容が異端と見られることを恐れ、一部を書き改めたが、そのことを心痛し精神に異常を来し、公によって1577年に幽閉された。一度脱出したが、再び聖アンナ病院に収容され、7年間を過ごした(1579年 - 1586年)。

退院後、ゴンザーガ家マントヴァ公ヴィンチェンツォのもとに赴いたが、さらに流浪を続け、詩作した。

晩年、教皇クレメンス8世が彼を桂冠詩人に叙するためローマに招聘したが、それに先だってローマの聖オノフリオ修道院で没する。その数奇な生涯は、ゲーテをはじめとして多くの作家の題材とされた。

作品[編集]

  • 詩論に関する論述(Discorsi dell' arte poetica, 1567年 - 1570年)
  • 解放されたエルサレムLa Gerusalemme liberata, 1575年、日本語訳『エルサレム解放』岩波文庫 ISBN 978-4003271025
  • 弁明(Apologia, 1586年)
  • 英雄詩に関する論述(Discorsi del poema eroico, 1594年)
  • 宗教詩『オリーヴ山』(Monte Oliveto, 1592年)
  • 宗教詩『キリストの涙』(Lacrime di Cristo, 1593年)
  • 戯曲『Torrismondo』(1588年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]