ルイ4世 (西フランク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ4世
ルイ4世

ルイ4世フランス語Louis IV d'Outremer, ドイツ語ではルートヴィヒ4世Ludwig IV,920年9月10日 - 954年9月10日)は、西フランク王国カロリング朝)の国王(在位:936年 - 954年)。シャルル3世(単純王)とイングランド王エドワード(長兄王)の娘エドギヴァの息子。

生涯[編集]

920年9月10日、ランエーヌ県)で生まれた。923年に父のシャルル3世が拘束・廃位されたので、当時わずか3歳だったルイは母とともにイングランドへ「海を越えて」避難した。そのため彼には「Transmarinus」(Outremer、ウトラメール、海外)の渾名が付けられた。

936年、父親が没したためルイはフランスへ呼び戻されて戴冠した。しかし彼の統治権はランの街と北フランスのいくつかの場所に限られていた。ルイ4世は対立する貴族に自らの王権を認めさせていったが、パリ伯ユーグ(大公、ユーグ・カペーの父)との間には対立が絶えなかった。

939年には神聖ローマ皇帝オットー1世ロタリンギアをめぐって争ったが、結局ルイ4世はオットー1世の妹ゲルベルガと結婚した。息子にロテールシャルルがいる。

954年9月10日、ルイ4世はランスマルヌ県)で落馬事故のため死去し、サン=レミ大聖堂に葬られた。王位は息子のロテールが継いだ。

先代:
ラウール
西フランク
936年 - 954年
次代:
ロテール