ジャン・エイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・エイ
『キリスト降誕』(奉納肖像画)
生誕 不明
死去 1505年
分野 絵画
芸術動向 初期フランドル派
テンプレートを表示

ジャン・エイ(Jean Hey / Jean Hay、1475年頃から画家として活動 - 1505頃死去[1])は初期フランドル派の画家。「ムーランの画家」として知られていた画家と同一人物だと考えられている。フランスブルゴーニュ公国で活動し、ブルボン公爵家の宮廷人だった。

エイの生涯についてはほとんど分かっておらず、その作風からフーゴー・ファン・デル・グースの弟子だったのではないかと考えられている程度である。死去するまでの数年をパリで過ごした可能性がある[1]

エイのもっとも有名な作品は、15世紀終わりから記録が残っているムーラン大聖堂 (en:Moulins Cathedral) の祭壇画である。中央パネルには天使たちに崇敬される「聖母子」が描かれ、向かって左翼にはブルボン公爵ピエール2世、右翼にはブルボン公妃アンヌ・ド・ボージューと後にブルボン公シャルル3世公妃となる娘のシュザンヌが描かれている。1830年代以前に幾度か左翼上部と右翼下部が切り取られてはいるが、この祭壇画の保存状態は概ね良好である[2]

Meister von Moulins 005.jpg Meister von Moulins 006.jpg Meister von Moulins 007.jpg

ムーラン大聖堂の三連祭壇画(1498年頃)

20世紀後半になるまでムーラン大聖堂の祭壇画の作者は、他にも現存している作品群の作者と同一人物だと研究者たちが確認していたにも関わらず不明のままだった。最初の「ムーランの画家」に関する論文は1961年のマデレーネ・ユイレ・ディストリアによるもので、12人以上の別々の画家たちの作品が「ムーランの画家」として一人の画家にまとめられているだけだとし、「ムーランの画家」は架空の存在にすぎないと主張した[3]。その後、ブリュッセルベルギー王立美術館に所蔵されていた『玉座のキリスト(1494年)』の破損した裏面から銘文が見つかったことにより、この絵画の作者がジャン・エイであることが確認され、エイのパトロンがフランス王の秘書で、ブルボン公爵家にも親しかったジャン・キュイエットだったということも判明した[1][4]。この絵画の作風と「ムーランの画家」の他の作品との類似性が、「ムーランの画家」はジャン・エイであることの証明になったのである[4]。「ムーランの画家」は1502年から1503年の記録にブルボン家の宮廷画家として記載されている[5]。ファーストネームがジャンであることははっきりしており、かつてはフランス人画家ジャン・ ペレアル (en:Jean Perréal) やジャン・プレヴォーのことではないかと考えられたこともあったが、後にこれらの説は否定された[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Brigstocke, 2001, p. 338
  2. ^ Reynolds, 1996 p. 732
  3. ^ Châtelet, p. 517
  4. ^ a b Reynolds, 1996, p. 733
  5. ^ a b Reynolds, 1996, p. 734

参考文献[編集]

  • Brigstocke, H. (2001). The Oxford companion to Western art. Oxford: Oxford University Press. ISBN 0198662033
  • Châtelet, Albert (1962). "A Plea for the Master of Moulins". The Burlington Magazine 104 (717): 517-524.
  • Gowing, Lawrence (1987). Paintings in the Louvre. New York: Stewart, Tabori & Chang. ISBN 1-55670-007-5
  • Reynolds, Catherine (1996). "Master of Moulins", The Dictionary of Art xx. 731-734.
  • Zerner, Henri (2003). Renaissance Art in France: the invention of classicism. Paris: Flammarion. ISBN 2-0801-1144-2

外部リンク[編集]