ルイ・ド・ロレーヌ (1555-1588)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロレーヌ枢機卿ルイ

ルイ・ド・ロレーヌLouis de Lorraine, 1555年7月6日 - 1588年12月24日)は、フランスの聖職者。ギーズ公フランソワと妃アンナ・デステの三男として、ダンピエールで生まれた。ギーズ公アンリ1世、マイエンヌ公シャルルの弟。

1574年、叔父ロレーヌ枢機卿の死によって、後任のランス大司教となる。1578年には別の叔父であるルイの後継となり、ギーズ枢機卿と呼ばれた。後にはアヴィニョンでのローマ教皇全権大使とされた。

長兄のギーズ公アンリ1世と共にカトリック同盟側で活躍した。フランス王アンリ3世に疎まれ、兄共々ブロワ城でアンリ3世の近衛兵らによって暗殺された。

庶子にルイ(Pr. de Phalsbourg)がおり、1621年にロレーヌ公フランソワ2世の娘アンリエットと結婚した。