アルフォンソ7世 (カスティーリャ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフォンソ7世

アルフォンソ7世(Alfonso VII, 1105年3月1日 - 1157年8月21日)は、ガリシア王(在位:1111年 - 1157年)、のちカスティーリャおよびレオン(在位:1126年 - 1157年)。また、「ヒスパニアの皇帝」も称した(1135年 - 1157年)。カスティーリャ=レオンのボルゴーニャ朝の祖である。

カスティーリャとレオンの女王ウラカと最初の夫、イヴレーア家出身のガリシア伯ライムンドの嫡男で、母から王位を継承した。父方の叔父にローマ教皇カリストゥス2世がいる。

家族[編集]

1128年に最初の王妃、バルセロナ伯ラモン・ベレンゲー3世の娘ベレンゲラ・デ・バルセロナと結婚した。2人の間には7子が生まれた。

1152年に2度目の王妃、ポーランド大公ヴワディスワフ2世の娘リクサ(リキルダ・デ・ポロニア)と再婚した。2人の間には2子が生まれた。

先代:
ウラカ
ガリシア王
1111年 - 1157年
次代:
フェルナンド2世
先代:
ウラカ
レオン王
1126年 - 1157年
次代:
フェルナンド2世
先代:
ウラカ
カスティーリャ王
1126年 - 1157年
次代:
サンチョ3世