ライムンド・デ・ボルゴーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂所蔵の写本に描かれたライムンド

ライムンド・デ・ボルゴーニャ(Raimundo de Borgoña, ? - 1107年5月27日)は、のちのカスティーリャ女王ウラカの最初の夫。ブルゴーニュ伯ギヨーム1世の息子で、フランス名はレーモン・ド・ブルゴーニュ(Raymond de Bourgogne)。ガリシア伯、コインブラ伯。兄に伯位を継いだルノー2世エティエンヌ1世が、弟にローマ教皇カリストゥス2世が、また姪にフランスルイ6世の王妃アデル・ド・サヴォワがいる。

1087年にカスティーリャ王アルフォンソ6世の娘であるウラカと結婚し、1095年にガリシア伯に叙せられた。ウラカとの間には1男1女が生まれた。

ライムンドが1107年に死去した後、ウラカは2度再婚した。また、アルフォンソ6世に男子が早世していたことから、1109年にウラカが王位を継いだ。ウラカの死後はライムンドとの間の息子アルフォンソ7世が即位し、ボルゴーニャ(ブルゴーニュ)朝を興した。