サンチョ2世 (カスティーリャ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セゴビアのアルカサル内にあるサンチョ2世像

サンチョ2世スペイン語Sancho II, 1040年 - 1072年10月7日)は、カスティーリャ王国国王(在位:1065年 - 1072年)、後に兼レオン(在位:1072年)。「強王(el Fuerte)」と呼ばれる。フェルナンド1世(大王)とその王妃であったアルフォンソ5世の王女サンチャの長子。父の死後分割されたカスティーリャ=レオン王国を統一すべく戦いに明け暮れたが、達成直前に暗殺された。

1065年、カスティーリャ=レオン王であった父の遺言により、カスティーリャをサンチョ2世が、レオンをアルフォンソ6世(勇敢王)が、ガリシアガルシア2世が、トロとサモラを王女のエルビラとウラカがそれぞれ相続した。

1068年の「三人のサンチョの戦争」で、サンチョ2世は従兄弟であるナバラ王サンチョ4世アラゴン王サンチョ1世を破り、ブレバアルタ・リオハアラバを征服した。これらは父フェルナンド1世がナバラ王ガルシア5世へ、レオン王ベルムート3世に対抗する援助の代わりに与えた土地だった。

次いでサンチョ2世は弟アルフォンソ6世と協力してガリシアを征服したが、成功した後に彼は弟を裏切った。部下エル・シッドの活躍もあり、サンチョ2世はルランタダゴルペヘラでアルフォンソ6世を破って王位を奪った。アルフォンソ6世は当時イスラーム圏だったトレドへ亡命し、残るはサモラのみとなった。しかし妹でサモラ領主となっていた姉ウラカはサンチョ2世に対し頑強に抵抗した。そして攻城戦の最中、Vellido Dolfosはサモラ守備隊の秘密を漏らす脱走兵のふりをして陣に潜入し、サンチョ2世を暗殺した。

この暗殺の黒幕はアルフォンソ6世とウラカであるといわれるが定かではない。また、この2人は近親相姦の関係にあったという噂も流れた。

サンチョ2世は未婚で嗣子はなく、帰還したアルフォンソ6世がカスティーリャとレオン両方の王位を嗣いだ。

この事件は叙事詩わがシッドの歌』に描かれている。