サモラ (スペイン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Zamora

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

自治体内を流れるドゥエロ川
自治体内を流れるドゥエロ川
Flag of Castilla y León.svg カスティーリャ・イ・レオン州
Bandera de Zamora.svg サモーラ県
面積 149.28km² [1]|149.28km² [1] km²
標高 652m
人口 65,525人(2,011年)[1] 人 ()
人口密度 438.93人/km² [1] 人/km²
住民の呼称 zamorano/-a
Zamoraの位置
Zamora
スペイン内のサモーラの位置
Zamoraの位置
Zamora
サモーラ県内のサモーラの位置

北緯41度29分56秒 西経5度45分20秒 / 北緯41.49889度 西経5.75556度 / 41.49889; -5.75556

サモーラZamora)は、スペインの都市。カスティーリャ・イ・レオン州サモーラ県の県都である。人口は66,123人(2005年)。

ポルトガルとの国境に近く、サラマンカの北約60km、バリャドリッドの西約90kmに位置する。市内をドゥエロ川が流れる。

歴史[編集]

サモーラの名前は西ゴートの「セムラ」、またはアラブ人が名付けた「アゼムール」「セムラー」から来ている。この都市を建てたのはローマ人で、ヴィリアトゥスがローマの侵略と戦っていたころである。ローマ人は「オケラム・ドゥリリ」または「オケロドゥリム」(「ドゥエロの目」の意)と呼んだ。ローマ人が征服したときはヴァケオス人が支配していたが、属州ヒスパニア・タラコネンシスに編入された。サモーラはエメリタ(現在のメリダ)からカエサラウグスタ(現在のサラゴサ)に向かう道路に沿っていた(Ant. Itin. pp. 434, 439)。

中世には8世紀から11世紀までアラブ人に、次いでキリスト教徒に支配されたが、その間に都市は要塞化された。

ドゥエロ川から見たカテドラル

この都市で起きた歴史上重要なエピソードは、フェルナンド1世の死後のできごとである。王子サンチョ2世が王国を統一しようと兄弟と戦い、妹ウラカが所有していたサモーラを攻囲した。この攻囲の間にサンチョは暗殺され、アルフォンソ6世がカスティーリャ王となった。

12世紀には、イベリア半島を巡って戦うキリスト教徒とアラブ人の間で、サモラは戦略上重要な位置にあった。その結果、この都市には当時に由来する教会や建築物が数多く残されている。その後は政治的、経済的な重要性を失って人口が減り、特に南米に移民が流出した。そのため南米には「サモーラ」という名前の都市が多い。

スポーツ[編集]

  • サモラCF - サモーラを本拠地とするサッカークラブ。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Población, superficie y densidad por municipios” (スペイン語). INE(スペイン国立統計局). 2012年8月12日閲覧。

参考文献[編集]

この記事はパブリックドメインウィリアム・スミスギリシア・ローマ地理辞典 』(1857)からのテキストを含む。

外部リンク[編集]