エンリケ1世 (カスティーリャ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンリケ1世

エンリケ1世スペイン語Enrique I, 1204年4月14日 - 1217年6月6日)は、カスティーリャ(在位:1214年 - 1217年)。アルフォンソ8世とその王妃でイングランド王ヘンリー2世の王女であったレオノールの息子。兄のフェルナンドが1211年に急死したため、王太子に立てられた。

父王アルフォンソ8世が1214年に死去したときエンリケはまだ10歳だったので、レオン王アルフォンソ9世の王妃となっていた姉のベレンゲラが摂政として政務を執った。

1215年、エンリケ1世はポルトガル王サンショ1世の王女マファルダと結婚した。結婚は両者が若すぎたためうまくいかず、1216年に結婚は解消された。

1217年、エンリケはパレンシアで死去した。わずか13歳だった。王位は姉のベレンゲラが、次いでその息子フェルナンド3世が継いだ。