エレノア・オブ・イングランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
12世紀に描かれた、アルフォンソ8世と王妃レオノール像。作者不詳。スペイン国立図書館所蔵

エレノア・オブ・イングランド(Eleanor of England, 1162年10月13日 - 1214年10月31日)は、カスティーリャアルフォンソ8世の王妃。スペイン語ではレオノール・プランタヘネト(Leonor Plantagenet)またはレオノール・デ・イングラテーラ(Leonor de Inglaterra)。イングランドヘンリー2世と王妃アリエノール・ダキテーヌの次女(第6子)。

ノルマンディーのドンフロン城で生まれた。洗礼式で代父となったのは、中世の歴史家ロベール・ド・トリニーで、彼はエレノアの生涯を記録に残した。

彼女は、母と同じ「エレノア」という名を与えられた。ギリシャ語の「ヘレン」やイタリア語の「エレーナ」に近いと考えられている。

わずか8歳でアルフォンソ8世と結婚した。彼女の持参金として、ピレネー山脈にほど近いガスコーニュが含まれていた。2人には12人の子が生まれた。

アリエノール・ダキテーヌの生んだ娘たちの中で、彼女の政治的な気質を最も受け継いだのはエレノアだった。そして母と同じく多くの子供を生んだ。彼女は夫の意志を左右するほどの力を持ち、夫と並んで統治をした。夫の死に際しても、エンリケのそばで支配を行おうとした。長女ベレンゲーラを、レオン王国との平和のためにレオン王アルフォンソ9世と結婚させるべく夫を説得したのはエレノアだった。

アルフォンソ王が亡くなると、エレノアは夫の埋葬を拒み、悲嘆にくれて国土は荒廃したと伝えられている。末子エンリケが即位したが幼少のため、離婚してカスティーリャに戻っていたベレンゲーラがその後見人となり、エンリケの死後はベレンゲーラが、次いでその息子フェルナンド3世が王位を継いだ。

エレノアはやがて病に倒れ、夫の死後わずか28日後に亡くなった。ブルゴスラス・ウエルガス修道院に葬られた。