エリナー・オブ・イングランド (バル伯爵夫人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
家系図に描かれたエリナーの肖像

エリナー・オブ・イングランドEleanor of England, 1264/1269年頃 - 1297/1298年)は、イングランドエドワード1世と最初の王妃エリナー・オブ・カスティルの間の娘[1]

両親にとっては四女、実質的な長女にあたる。両親が第8回十字軍に参加して1270年から1274年までイングランドを留守にしたため、幼少期は祖母の王太后エリナー・オブ・プロヴァンスの手元で養育された。アラゴンペドロ3世の長男アルフォンソ(3世)の許婚となったが、アラゴン王室がシャルル・ダンジューとの間でシチリア王位を争っていた関係で、父エドワード1世が娘の輿入れに難色を示した。結局、婚姻が実現しないままアルフォンソが1291年に死去した。

1293年9月29日、フランス人諸侯のバル伯アンリ3世に嫁した。この縁組はフランス王室に対するエドワード1世の牽制策の一環だった。伯爵夫妻の間には(少なくとも)3人の子女が生まれた。

  • エドゥアール1世(1294年 - 1336年) - バル伯
  • ジャンヌ(1295年 - 1361年) - 1306年、第7代サリー伯爵ジョン・ド・ウォーレンと結婚
  • エレオノール(1296年 - 1340年) - ウェールズ人領主ルウェリン・アプ・オウェイン(Llewelyn ap Owain)と結婚

脚注[編集]