マリー・ド・フランス (1145-1198)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリーの紋章

マリー・ド・フランスMarie de France1145年 - 1198年3月11日)は、フランス王女。

生涯[編集]

ルイ7世と最初の王妃アリエノール・ダキテーヌの長女として生まれた。同母妹にアリックスがいる。異母妹にはマルグリットアデルアニェス、異母弟にフィリップ2世がいる。

1152年に両親の婚姻無効が成立すると、マリーとアリックスの親権はルイ王のものとなった。母アリエノールはアンジュー伯アンリ(のちのイングランド王ヘンリー2世)と再婚した。このため、再婚後のアリエノールが生んだ若ヘンリー王リチャードジェフリージョンたちはマリーの異父弟にあたる。

1160年、父ルイ王はアデル・ド・シャンパーニュと結婚した。ルイ王はマリーとアリックスを、アデルの兄たちとそれぞれ婚約させた。婚約後、アデルはシャンパーニュにあるアヴネの修道院で教育を受けるため送られた。

1164年、シャンパーニュ伯アンリ1世と結婚。4子をもうけた。

1179年から1181年までアンリ1世が聖地巡礼に出ると、マリーは伯領の摂政としてとどまった。夫が不在の間に、マリーの父が亡くなり、異母弟フィリップ2世が即位した。彼は実母アデルの寡婦領地を没収し、かつてマリーの長男と婚約していたことのあるイザベル・ド・エノーと結婚した。この行いが、フィリップに対し陰謀をめぐらし、不満を持つ貴族の集まり(前王妃アデルやランス大司教も加わっていた)にマリーが加わるよう促されることとなった。最終的には、マリーと弟王との関係は改善された。アンリ1世は聖地から帰国してまもなく死去した。4人の幼い子供をもつ寡婦として、マリーはフランドル伯フィリップ1世との結婚を考えるが、婚約は原因不明のまま破棄されている。

1181年にアンリ1世が亡くなってから、アンリ2世が成人に達した1187年まで、マリーは摂政を務めた。しかし、アンリ2世も聖地へ向かったため、1190年より再び摂政となり、1197年にアンリ2世が亡くなるまでその地位にあった。マリーはモー近郊のフォンテーヌ・レ・ノーヌ女子修道院に引退し、1198年に亡くなった。

マリーは文学のパトロンでもあり、彼女の宮廷で活躍したアンドレアス・カペラヌスや、クレティアン・ド・トロワがこれに含まれる。彼女はフランス語とラテン語を読み書きでき、自身の図書室を持っていた。マリーと異父弟リチャード1世との間には深い愛情が存在し、オーストリアでの虜囚を嘆く有名な彼の詩 "J'a nuns hons pris" はマリーに捧げられている。