アンリ1世 (シャンパーニュ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャンパーニュ伯アンリ

アンリ1世Henri Ier de Champagne1127年12月 - 1181年3月16日)は、シャンパーニュ伯。アンリ自由伯(Henri Ier le Libéral)とも呼ばれた。ブロワ伯ティボー4世(シャンパーニュ伯としてはティボー2世)と妃マティルド・ド・カリンティの長男として生まれた。

彼はルイ7世が主導した第2回十字軍に参加している。彼はクレルヴォーのベルナルドゥスがしたためた東ローマ皇帝マヌエル1世コムネノスあての推薦状を運んでいる。1148年6月24日、アッコンエルサレムボードゥアン3世が開催した集会に名士として名を連ねている。

父ティボーが死ぬと、彼は一族伝来の領地を弟に残し、自らはシャンパーニュ伯位を選んだ。これは当時驚くべきことであっただろう。ブロワシャルトルサンセールシャトーダンといった領地は他よりも豊かで発展していたからである。アンリはシャンパーニュの経済的可能性を予測しなければならなかった。彼の治世中、シャンパーニュ伯領はフランス諸侯の中でも有数の富と軍事力を備えた高い地位に達したのである。

アンリはシャンパーニュ貴族たちに秩序ある支配を確立した。ほぼ確実に2000人あまりの家臣の支援を受けることができた。これはフランス王国のそれとほぼ等しかった可能性がある。この秩序によってシャンパーニュは商人たちが集まるのに安全な場所となった。シャンパーニュ伯の保護下に置かれたシャンパーニュの大市は中世ヨーロッパにおける長距離貿易と金融の一大中心地となったのである。

加えて、伯爵の宮廷が置かれたトロワは高名な文学の中心となった。詩人ウォルター・マップはトロワ宮廷でもてなされた。ボーヴェのエティエンヌはトロワ宮廷の宮廷人の1人であり、1176年には宮廷の侍従に取り立てられている。

1179年、アンリは再びフランス人騎士たちの1人としてエルサレムへ赴いた。同行した者の中にはピエール・ド・クルトネー(ルイ7世の弟)、ボーヴェ司教ピエール・ド・ドルーがいた。アンリは小アジアのルートを通って陸路で帰国を目指した。しかしルーム・セルジューク朝スルタンクルチ・アルスラーン2世によって捕らえられ、身代金目的で人質にされた。身代金を東ローマ皇帝が支払って彼は解放されたが、アンリは帰国後まもなくして亡くなった。

子女[編集]

1164年、ルイ7世と最初の王妃アリエノール・ダキテーヌの長女マリーと結婚。4子をもうけた。

  • アンリ(1166年-1197年) - シャンパーニュ伯
  • マリー(1174年-1204年) - ラテン皇帝ボードゥアン1世皇后
  • ティボー(1179年 -1201年) - シャンパーニュ伯
  • スコラスティク(1219年没) - マコン伯ギヨーム4世の妻
先代:
ティボー2世
シャンパーニュ伯
Blason région fr Champagne-Ardenne.svg
1152年 - 1181年
次代:
アンリ2世