アルフォンソ11世 (カスティーリャ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Alfonsoxialgeciras.jpg

アルフォンソ11世(Alfonso XI, 1311年8月13日 - 1350年3月26日/27日)は、カスティーリャ王国国王(在位:1312年 - 1350年)。カスティーリャ王フェルナンド4世と王妃コンスタンサの唯一の男子。

生後13ヶ月で即位した。14歳で親政開始し、すぐに摂政フアン・マヌエルを追放した。

従妹にあたるポルトガル王女マリアアフォンソ4世の娘)と結婚したが、彼女を顧みなかった。愛妾レオノール・デ・グスマンをそばから離さず、王妃とペドロ王子(のちのペドロ1世)を王宮から遠ざけた。レオノールとの間の息子エンリケ(のちのエンリケ2世)はトラスマタラ伯爵家へ養子に出されたが、王の近くで育った。エンリケの同母弟たちの処遇もぬかりなく、ファドリケサンティアゴ騎士団長となった。テリョは豪族ララ家の女子相続人と結婚することで、ビスケー湾に面したビスカヤの領主となった。彼の愛妾への偏愛が、のちのカスティーリャの内乱(第一次カスティーリャ継承戦争)を招くことになる。

レコンキスタに熱心に取り組み、何度もアンダルシアのイスラム軍を攻めている。

1350年、ジブラルタル攻略中に黒死病で陣没した。