フルエーラ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
12世紀に描かれたフルエーラ2世

フルエーラ2世 (Fruela II de León、875年頃 - 925年7月)は、アストゥリアス王(在位:910年 - 925年)、レオン王(924年 - 925年)。フロイラ(Froila)とも。

アストゥリアス王アルフォンソ3世と王妃ヒメーナの三男として育った。910年に父よりアストゥリアス王国を継承した。

彼は主導権を持つ兄オルドーニョ2世と良好な関係を保った。2人はレコンキスタで協力し、オルドーニョが作成した免状にFroila rexと署名している。924年に兄オルドーニョが死ぬと、権力者たちはオルドーニョの子息たちを無視してフルエーラをレオン王に選出した。フルエーラは貴族と臣下に人気がなく、選出は疑わしく王位の簒奪を疑われている。彼は、西ゴート王ウィティザの末裔を自称するオルムードの子、ヘブルドとアレシンドを暗殺し、さらに貴族たちを遠ざけた。このために、彼は1つの年代記においてわずか14ヶ月間にすぎなかった治世を非難されている。歴史家ラモン・メネンデス・ピダルによれば、オルムードの縁者であったレオン司教フルニミオを追放している。いずれにせよ、フルエーラは14ヶ月以上統治することなしに、925年初夏、ハンセン病に罹患して数日で急逝した。フルエーラの死によって継承問題が発生し、彼の弟のラミーロ、先代オルドーニョ2世の息子たち、そしてフルエーラの年若い息子たちが権利を主張した。即時の継承に幾度かの議論がなされ、最終的にフルエーラの親族はオルドーニョ2世の親族に退けられた。

子女[編集]

最初の妻ヌニロ・ヒメネスとの間にアルフォンソ・フロイラス(932年没)をもうけた。

917年以前、バヌ・カシー家が支配するトゥデーラ総督の娘ウラカと再婚。ラミーロとオルドーニョの2子(どちらも932年に没したとされる)をもうけた。

先代:
オルドーニョ2世
レオン王
924年 - 925年
次代:
アルフォンソ・フロイラス
先代:
アルフォンソ3世
アストゥリアス王
910年 - 924年
次代:
レオン王国に併合