アルフォンソ4世 (レオン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
19世紀に描かれたアルフォンソ4世

アルフォンソ4世 (Alfonso IV de León、890年頃 - 933年)は、レオン王(在位:926年 - 931年)。オルドーニョ2世の子。別名『王』(el Monje)。

生涯[編集]

父オルドーニョ2世が924年に死ぬと、レオン王位についたのは息子の1人ではなく、アストゥリアス王であったおじのフルエーラ2世であった。フルエーラは即位して一年後に急死しているため、王位継承の正確な状況は不明である。しかしフルエーラ2世の子アルフォンソ・フロイラスが少なくとも王国の一部の王になった。オルドーニョ2世の子であるサンチョ、アルフォンソ、ラミロは正統な継承者であることを主張して反乱を起こした。パンプローナ王ヒメノの支援を受け、兄弟たちはアルフォンソ・フロイラスをアストゥリアス東部の辺境へ退け、残った領土を3兄弟で分割した。長兄であるサンチョはガリシア王国を継承し、アルフォンソがレオンを治めることとなった。

929年、ガリシアを治めていたサンチョが死に、アルフォンソがガリシア王位を継いだ。

931年、日付は不明であるが、アルフォンソの妃であるパンプローナ王女オネカが急死した。彼は妃の死を深く悲しみ、ポルトゥカーレを治めていた弟ラミロにレオン王位を譲って退位した。アルフォンソはサアグン修道院に入った。

年代記の伝えるところでは、アルフォンソは譲位を後悔した。彼は932年春にサアグン修道院を出て、フルエーラ2世の息子たち、アルフォンソ・フロイラス兄弟と手を結んだ。当時、アブド・アッラフマーン3世軍に包囲されていたトレドの救援のため、ラミロ2世はサモラで軍を集結させており、その隙を狙った。

ラミロ2世はアルフォンソの反乱を知ると、トレドの包囲戦に参加している軍から分遣隊を派遣し、レオンに向かわせ、アルフォンソの身柄を拘束させた。ラミロ2世は反乱軍を破り、監獄へ押し込めた。ラミロ2世はアストゥリアスへ向かい、アルフォンソを支援したアルフォンソ・フロイラスとその兄弟を捕らえた。直後、ラミロ2世は4人の目を潰すよう命じ、ルイフォルコ修道院へ移して死ぬまで幽閉させた[1]

アルフォンソ4世は933年にルイフォルコ修道院で死去した。

子女[編集]

923年、パンプローナ王女オネカ(パンプローナ王サンチョ・ガルセス1世の子)と結婚、2子をもうけた。

  • オルドーニョ(924年-960年) - レオン王。
  • フルエーラ(958年頃没)

脚注[編集]

  1. ^ Julio Pérez Llamazares: “Panteones reales leoneses”. pp. 345-346 (1953年). 2 de junio de 2010閲覧。
先代:
アルフォンソ・フロイラス
レオン王
926年 - 931年
次代:
ラミロ2世