ポルトゥカーレ伯領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初期ポルトゥカーレ伯の系図。

ポルトゥカーレ伯領 (ポルトガル語: Condado Portucalense, Condado de Portucale) は、今日のノルテ地方の沿岸部に一致するポルト及びブラガ周辺に存在し、9世紀から12世紀の間はレオン王国封土であった。

ポルトゥカーレ伯領の誕生は伝統的に866年ヴィマラ・ペレス伯によるポルトへのレコンキスタに置かれ、レオン国王アルフォンソ3世によって建国されたと言われている。伯領はレオン王国内での自治の程度を変えながら存続し、ガリシア王国が短期間分裂していた1071年にはヌノ2世メンデスがガリシア国王ガルシア2世により敗死させられた。これにより伯領の独立は廃されてガリシア王領内に留まることとなり、続いてサンチョ2世アルフォンソ6世が統治するレオン王国に再統合された。

ポルトガル含むガリシア伯領はアルフォンソ6世から義理の息子ライムンドに与えられたが、1096年にアルフォンソ6世はポルトゥカーレ伯領を分離させ、別の義理の息子であるエンリケに与えた。エンリケは、アルフォンソの庶子テレサの夫であった。[1][2]

後を継いだエンリケの息子アフォンソ・エンリケスは領土を拡大し、自身の王号は当然のことであると考えるに至った。アフォンソは1128年に権力を掌握し、後には侵入した母の軍勢をギマランイス付近のサン・マメーデの戦いで撃破した。この戦いの後には十字と「ポルトガル」の文字を刻んだ印章を作成している。アフォンソはエントレ・ドウロ・イ・ミーニョドウロ川ミーニョ川間の地域)の貴族の支援を受けながら勝利をおさめ続け、遂には1139年オーリッケの戦いで勝利したことでポルトガル王としての即位を宣言した。最終的には、カスティーリャ国王アルフォンソ8世1143年サモラ条約で、ポルトガルの事実上の独立を認めた。

歴代の伯[編集]

初期
第二期(ブルゴーニュ王朝

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ Simon Barton (1997), p.14
  2. ^ João Ferreira (2010), p.23
参考文献
  • Barton, Simon (1997), The Aristocracy in Twelfth-Century León and Castile, Cambridge, England: Cambridge University Press 
  • Ferreira, João (2010), Histórias Rocambolescas da História de Portugal [Fantastic Stories of the History of Portugal] (6 ed.), Lisbon, Portugal: A Esfera dos Livros 
  • 金七紀男 (1996), ポルトガル史 (増補版第1刷 ed.), 彩流社