アンスカリ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンスカリ家:Anscarici)ないしイヴレーア家(伊:Casa d'Ivrea, :Maison d'Ivrée, :Haus Ivrea)は、中世ブルグントにおけるフランク人の王家である。この一族は元来、10世紀イタリアで勢力を伸ばし、短期間イタリア全土を掌握しさえもした。11世紀から12世紀にかけてはブルゴーニュ伯領 (enを支配して自らを franc-compte ないし自由伯と最初に宣言した。分枝からはカスティーリャレオンの王家(ブルゴーニュ朝)が出ている。

主な一族[編集]

イヴレーア辺境伯およびイタリア王[編集]

アンスカリ家はブルゴーニュ(ブルグンド)地方の伯であったイヴレーア辺境伯アンスカーリオ1世(? - 902年)を祖とする。アンスカーリオ1世はスポレート公グイード3世(? - 894年)を支援し、889年にグイードがイタリアに選ばれると、イヴレーア(現在のイタリア北西部)の辺境伯に封じられた。アンスカーリオ1世の息子アダルベルト1世(? - 923/924年)はグイードとイタリア王位を争ったベレンガーリオ1世(? - 924年)の娘ジゼッラと結婚し、2人の息子ベレンガーリオ2世(? - 966年)は950年にイタリア王となった。しかしベレンガーリオ2世は、東フランクオットー1世(のち神聖ローマ皇帝)の侵攻を受け、一時その宗主下で王位を保った後に滅ぼされ、共同王位についていた息子アダルベルト(? - 966年)はブルゴーニュへ逃れた。

ブルゴーニュ伯[編集]

アダルベルトの息子オット=ギヨーム(en, 962年 - 1026年)は最初のブルゴーニュ伯となった。また、母ジェルベルガがブルゴーニュ公ウード=アンリ(en, 946年 - 1002年:フランス王ユーグ・カペーの弟)と再婚したことで、義父の死後に一時ブルゴーニュ公領も相続したが、ユーグ・カペーの息子ロベール2世が王領に併合した(ロベール2世の最初の妃はアダルベルトの姉妹ロザーラであったが離婚している)。以後はブルゴーニュ伯位のみがオット=ギヨームからその子孫に継承され、その家系はブルゴーニュ家とも呼ばれる。後に、オット=ギヨームから5代後の子孫である女伯ベアトリス1世(1143年 - 1184年)が神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世(1123年 - 1190年)と結婚したことで、伯位はホーエンシュタウフェン家へ渡った。

その後もブルゴーニュ伯位および伯領(現在のフランシュ=コンテ地域圏)は結婚を通じてアンデクス家、イヴレーア家の分家の一つシャロン家、フランス王家のカペー家へと継承された。14世紀にはフィリップ豪胆公(1342年 - 1404年)が獲得していわゆるブルゴーニュ公国の一部となり、16世紀にスペイン・ハプスブルク家領となった後、17世紀にフランス王国へ併合された。

カスティーリャ=レオン王家[編集]

オット=ギヨームの孫ギヨーム1世(1020年 - 1087年)の大勢の息子のうちレーモン(ガリシア伯ライムンド、? - 1107年)は、カスティーリャ=レオン王アルフォンソ6世の娘で後に女王となるウラカの最初の夫となり、2人の息子であるアルフォンソ7世は1126年に王位を継いだ。これがブルゴーニュ朝(ボルゴーニャ朝)であり、1369年までカスティーリャおよびレオンの王朝として続いた。

その他[編集]

ガリシア伯ライムンドの弟ギー(? - 1124年)は、ローマ教皇カリストゥス2世(在位:1119年 - 1124年)となっている。

系図[編集]

イヴレア辺境伯、イタリア王、ブルゴーニュ伯[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンスカーリオ1世
イヴレーア辺境伯
 
ベレンガーリオ1世
イタリア王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アダルベルト1世
イヴレーア辺境伯
 
ジゼッラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユーグ
パリ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベレンガーリオ2世
イタリア王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユーグ・カペー
フランス王
 
 
 
 
 
 
ウード=アンリ
ブルゴーニュ公
 
ジェルベルガ
 
アダルベルト(2世)
イタリア王
 
グイード
イヴレーア辺境伯
 
コッラード
イヴレーア辺境伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベール2世
フランス王
 
ロザーラ
 
アルヌール2世
フランドル伯
 
 
 
オット=ギヨーム
ブルゴーニュ公
ブルゴーニュ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンリ1世
フランス王
 
ロベール1世
ブルゴーニュ公
カペー系ブルゴーニュ家の祖
 
アエリー
(シャロン伯ランベール娘)
 
ギー1世
マコン伯
 
ルノー1世
ブルゴーニュ伯
 
アニェス
1=アキテーヌ公ギヨーム5世
2=アンジュー伯ジョフロア2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マコン伯家
 
 
 
ギヨーム1世
ブルゴーニュ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルノー2世
ブルゴーニュ伯
 
 
 
エティエンヌ1世
ブルゴーニュ伯
 
 
 
 
 
 
 
ウラカ
カスティーリャ女王
レオン女王
 
ライムンド
ガリシア伯
 
カリストゥス2世
ローマ教皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグネス
(ツェーリンゲン公ベルトルト2世娘)
 
ギヨーム2世
ブルゴーニュ伯
 
 
 
ルノー3世
ブルゴーニュ伯
 
 
 
ギヨーム3世
マコン伯
 
 
 
アルフォンソ7世
カスティーリャ王
レオン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギヨーム3世
ブルゴーニュ伯
 
フリードリヒ1世
神聖ローマ皇帝
ホーエンシュタウフェン家
 
ベアトリス1世
ブルゴーニュ女伯
 
 
 
シャロン家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ6世
神聖ローマ皇帝
 
 
 
オトン1世
ブルゴーニュ伯
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ
ドイツ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ2世
神聖ローマ皇帝
シチリア王
 
ジャンヌ1世
ブルゴーニュ女伯
 
ベアトリス2世
ブルゴーニュ女伯
 
オットー1世
(オトン2世)
メラーノ公
(アンデクス家)
 
ベアトリス・デ・スアビア
 
フェルナンド3世
カスティーリャ王
レオン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オトン3世
メラーノ公
ブルゴーニュ伯
 
ユーグ3世
(シャロン家)
 
アーデルハイト
ブルゴーニュ女伯
 
フィリッポ1世
サヴォイア伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オトン4世
ブルゴーニュ伯
 
マオー
アルトワ女伯
(アルトワ伯ロベール2世娘)
 
 
 
 
 
ルノー
モンベリアル伯
 
ギュメット・ド・ヌーシャテル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ5世
フランス王
 
ジャンヌ
ブルゴーニュ女伯
 
ブランシュ
 
シャルル4世
フランス王
 
ロベール
ブルゴーニュ伯
 
オトナン
モンベリアル伯
 
アニェス
=モンベリアル伯アンリ・ド・モンフォーコン
 
 

シャロン家[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギヨーム3世
マコン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エティエンヌ1世
オーソンヌ伯
 
 
 
 
 
ジェラール
マコン伯
ヴィエンヌ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベアトリス・ド・シャロン
 
エティエンヌ2世
オーソンヌ伯
 
 
 
 
 
ヴィエンヌ伯家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン1世
シャロン伯
オーソンヌ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーデルハイト
ブルゴーニュ女伯
 
ユーグ3世
 
ジャン・ド・シャロン=ロシュフォール
オセール伯
 
ジャン・ド・シャロン=アルレ
アルレ領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(上図)
 
 
 
オセール伯家
 
アルレ領主家
(オランジュ公家)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Wickham, Chris. Early Medieval Italy: Central Power and Local Society 400-1000. MacMillan Press: 1981.