ペトロニラ (アラゴン女王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペトロニーリャとラモン・ベレンゲー4世

ペトロニーラアラゴン語Peironela d'Aragón ペイロネーラ、カタルーニャ語Peronella d'Aragó パルネーリャ、1135年 - 1174年10月17日)は、アラゴン女王(在位:1137年 - 1162年)。ラミロ2世の娘。母はアキテーヌ公ギヨーム9世の娘アニェス(アグネス)。ペトロニーラ(Petronila de Aragón)はカスティーリャ語名。アラゴン系ヒメネス家最後の君主である。

男子のないラミロ2世が1137年に退位した後、2歳で王位を継承した。併せてバルセロナ伯ラモン・バランゲー4世と婚約し、アラゴンの統治はバルセロナ伯に委ねられた。

1150年にラモン・バランゲー4世とペトロニーラは正式に結婚し、5子をもうけた。

  • ドゥルセ(1152年 - 1198年) ポルトガル王サンシュ1世と結婚。
  • アルフォンソ2世(1152年 - 1196年) アラゴン王、バルセロナ伯
  • ペドロ(1157年 - 1160年) セルダーニャ伯
  • ラモン・ベレンゲル(1158年 - 1181年) プロヴァンス伯
  • サンチョ(1161年 - 1226年) プロヴァンス伯

1162年に夫ラモン・バランゲー4世が死去すると、長男アルフォンソがバルセロナ伯位を継承するとともに、ペトロニーラからアラゴン王位も継承した。