ウベダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Úbeda

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

Flag of Andalucía.svg アンダルシーア州
Bandera provincia Jaén.svg ハエン県
面積 403.98km² [1]|403.98km² [1] km²
標高 751m
人口 36,025人(2,010年)[1] 人 ()
人口密度 89.18人/km² [1] 人/km²
住民の呼称 ubetense
守護聖人 San Miguel、Virgen de Guadalupe
Úbedaの位置
Úbeda
スペイン内のウベダの位置
Úbedaの位置
Úbeda
ハエン県内のウベダの位置

北緯38度0分 西経3度22分 / 北緯38.000度 西経3.367度 / 38.000; -3.367

バスケス・デ・モリーナ広場のエル・サルバドル聖堂と司教長オルテガの館(現在はパラドール

ウベダÚbeda)は、スペインアンダルシア州ハエン県の町。人口は33,993人(2005年)で、この地域の行政、経済の中心地である。2003年、西隣の町バエサの建造物とともに、ルネサンス様式の建造物群が「ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群」として世界遺産に登録された。

イスラム教徒による支配ののちに、1212年ラス・ナバス・デ・トロサの戦いアルフォンソ8世がこの町を奪ったが、まもなく奪い返された。1233年フェルナンド3世がこの町とハエンの大部分を占領し、ウベダはイスラム勢力との境界となった。

グラナダ王国へのレコンキスタが終了したのち、カルロス1世の宰相フランシスコ・デ・ロス・コボスがこの町を支配した。コボスが町作りに力を注いだ結果、バスケス・デ・モリーナ広場を中心に美しい建築物が残されている。

世界遺産[編集]

参考文献[編集]

  • 谷克二、邸景一ほか『旅名人ブックス65 アンダルシア』日経BP企画、2004年、242頁

脚注[編集]

  1. ^ a b c Población, superficie y densidad por municipios” (スペイン語). INE(スペイン国立統計局). 2011年10月27日閲覧。

外部リンク[編集]