マーガレット・テューダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーガレット・テューダー

マーガレット・テューダー(Margaret Tudor, 1489年11月28日 - 1541年10月18日)は、イングランドの王族。イングランド王ヘンリー7世と王妃エリザベス・オブ・ヨークの長女でヘンリー8世の姉。

1503年スコットランドジェームズ4世に嫁いでジェームズ5世を生んだ。ジェームズ4世が死去した翌年の1514年、第6代アンガス伯アーチボルド・ダグラス英語版と再婚し、ダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの母マーガレット・ダグラス英語版を生んだ。さらに1528年、メスヴェン卿ヘンリー・ステュアート(en, スコットランド王ロバート3世の弟オールバニ公ロバート・ステュアート英語版の6代後の子孫)と3度目の結婚をした。

スコットランド王ジェームズ6世(イングランド王ジェームズ1世)にとって母方、父方双方で曽祖母に当たる。

子女[編集]

最初の夫ジェームズ5世との間に6人の子を儲けたが、ジェームズ5世を除いて夭折した。

  • ジェームズ(1507年 - 1508年) - ロスシ公
  • 娘(1508年)
  • アーサー(1509年 - 1510年) - ロスシ公
  • ジェームズ5世(1512年 - 1542年)
  • 娘(1512年)
  • アレグザンダー(1514年 - 1515年) - ロス公

2番目の夫アンガス伯アーチボルド・ダグラスとの間に娘を1人儲けた。