アントニア・フレーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレイザー、2010年

アントニア・フレーザー(アントニア・フレイザー、Antonia Fraser CBE1932年8月27日 - )は、イギリス小説家伝記作品で著名。ロングフォード伯爵家出身であるため、英語で正式にはミスやミセスではなく、レディ・アントニア・フレイザーと呼ぶ。1999年大英帝国勲章CBE(司令官)を、2011年に同DBE(司令官騎士)を受章した。

ロンドン生まれ。オックスフォード大学レイディ・マーガレット・ホール校卒。イギリス史を題材にした作品を執筆しており、『スコットランド女王メアリ』で1969年度のジェイムズ・テイト・ブラック記念賞を、『信仰とテロリズム―1605年火薬陰謀事件』(1996年)で、セント・ルイス・リテラリー・アウォードとCWA賞・ゴールドダガー賞(ノンフィクション部門)を受賞した。

2001年に公刊した『マリー・アントワネット』は、アメリカ映画『マリー・アントワネット』(2006年公開)の原作にもなった。

一方で歴史家デイヴィッド・スターキーには「おとぎ話の語り直しに過ぎない」と痛烈に批判され、火薬事件もイギリスの学校の副読本 "Slimy Stuarts" で「ジェームズ1世の自作自演」と断じられるなど、信憑性に疑問を抱く声もある。

前夫は政治家のヒュー・フレイザーで、その娘フローラ・フレイザーも伝記作家として活動中である。従妹に政治家ハリエット・ハーマンがいる。二人目の夫である劇作家ハロルド・ピンターは、2005年にノーベル文学賞を受賞し、2008年末に長期の闘病生活を経て亡くなった。2010年に夫ピンターの回想記を出版した。

主な日本語訳書[編集]

小説
  • 尼僧のようにひそやかに(北見麻里訳、ハヤカワ・ポケットミステリー早川書房)、1978年)
  • 野生の島(北見麻里訳、ハヤカワ・ポケットミステリー、1979年)
  • 赤い絵は見ている(北見麻里訳、ハヤカワ・ポケットミステリー、1983年)
  • 哀しみのカーテンコール(北見麻里訳、ハヤカワ・ポケットミステリー、1985年)
歴史作品

外部リンク[編集]