ハインリヒ6世 (ルクセンブルク伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルクセンブルク伯ハインリヒ6世

ハインリヒ6世:Heinrich VI. von Luxemburg, 1240年頃 - 1288年6月5日)は、ドイツ=フランス系のルクセンブルク伯(在位1281年 - 1288年)。フランス語名はアンリ6世(Henri VI de Luxembourg)。獅子伯(Henri le Lion)と呼ばれた。

ルクセンブルク伯ハインリヒ5世とその妻でバル伯アンリ2世の娘であるマルグリット・ド・バルの間の長男として生まれた。1270年、父が主君のフランス王ルイ9世率いる第8回十字軍に参加した際は、伯家の摂政を務めた。リンブルフ継承戦争英語版ではヘルレ伯家に味方し、ブラバント公家に敵対する。1288年6月5日、継承戦争中のヴォリンゲンの戦い英語版に参加した際、弟のリニー領主ワレラン、父の2人の庶子ボードゥアンおよびウッファリーズ領主アンリ(Henri de Houffalize)とともに戦死した。

1260年頃、エノー伯ジャン1世の弟ボーモン領主ボードゥアンの娘ベアトリス・ダヴェーヌ(1321年没)と結婚し、間に5人の子女をもうけた。

参考文献[編集]


先代:
ハインリヒ5世
ルクセンブルク伯
1281年 - 1288年
次代:
ハインリヒ7世