ルクセンブルク大公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルクセンブルク大公フランス語: grand-duc de Luxembourg, ルクセンブルク語: Groussherzog vu Lëtzebuerg, ドイツ語: Großherzog von Luxemburg)は、ルクセンブルク大公国の君主で国家元首である。

概要[編集]

1815年の成立当初、ルクセンブルク大公国はオラニエ=ナッサウ家オランダ国王が大公を兼ねる同君連合下にあり、事実上ネーデルラント連合王国(現在のベルギーを含む)の州の一つだった。しかし、1839年にベルギーが独立した際、オランダ本土と分断された上に大公国の西半分がベルギー領(リュクサンブール州)として分割された。以後、独立国家としてのルクセンブルクの体制作りが始まった。

1890年に第3代のオランダ国王兼ルクセンブルク大公ウィレム3世(ギヨーム3世)が没した際、オランダ王位はウィルヘルミナ女王が継いだが、ルクセンブルクには女子の相続権に関する規定がなかったため、サリカ法を採るナッサウ家の家法に基づいてナッサウ=ヴァイルブルク家のアドルフオランダ総督オラニエ公ウィレム4世の玄孫、元はナッサウ公)が大公に即位することとなり、オランダとの同君連合が解消された。

ところが、アドルフの息子ギヨーム4世の代になって、ナッソー=ヴェイユブール家(ナッサウ=ヴァイルブルク家)でも男子の継承者が途絶えた。結局、女子の継承を可能とする法改正が行われ、マリー=アデライードシャルロットの姉妹が相次いで大公位を継承した。シャルロットは家名をリュクサンブール家(ルクセンブルク家)と変えたが、ナッソー=ヴェイユブールの家名は現在でも用いられる。

歴代大公[編集]

ナッソー=ヴェイユブール家の大公はフランス語名で呼ぶのが通例となっているが、ギヨーム4世のみは、オランダ王を兼ねたウィレム1世から3世にならってオランダ語名で呼ぶ場合もある。ここでは全員についてフランス語名で記した上で、オランダ語名を括弧内に併記しておく。

オランジュ=ナッソー家 [編集]

肖像 名前 在位年 備考
Willem I in kroningsmantel crop.jpg
ギヨーム1世
(ウィレム1世)

1772年 - 1843年
1815年 - 1840年 オランダ国王。
Koning Willem II portret.jpg
ギヨーム2世
(ウィレム2世)

1792年 - 1849年
1840年 - 1849年 オランダ国王。ギヨーム1世の長男。
Koningwillem3.JPG
ギヨーム3世
(ウィレム3世)

1817年 - 1890年
1849年 - 1890年 オランダ国王。ギヨーム2世の長男。

ナッソー=ヴェイユブール家/リュクサンブール家 [編集]

肖像 名前 在位年 備考
Adolfluxembourg1817-6.jpg
アドルフ
1817年 - 1905年
1890年 - 1905年 ナッサウ公。
Guillaume IV of Luxembourg.png
ギヨーム4世
(ウィレム4世)

1852年 - 1912年
1905年 - 1912年 アドルフの長男。
Marie-Adélaïde, Grand Duchess of Luxembourg.jpg
マリー=アデライード
1894年 - 1924年
1912年 - 1919年 ギヨーム4世の長女。
Charlotte, Grand Duchess of Luxembourg.jpg
シャルロット
1896年 - 1985年
1919年 - 1964年 ギヨーム4世の次女。

パルム=リュクサンブール家 [編集]

肖像 名前 在位年 備考
Grand Duke Jean 29.09.2006.jpg
ジャン
1921年 -
1964年 - 2000年 シャルロットの長男。
Henri of Luxembourg (2009).jpg
アンリ
1955年 -
2000年 - ジャンの長男。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
ウィレム4世
オラニエ公
 
アンナ・ファン・ハノーファー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ・ヴィルヘルム2世
プロイセン王
 
ウィルヘルミナ・ファン・プロイセン
 
ウィレム5世
オラニエ公
 
 
 
 
 
カロリーナ・ファン・オラニエ=ナッサウ
 
カール・クリスティアン
ナッサウ=ヴァイルブルク侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィルヘルミナ・ファン・プロイセン
 
ギヨーム1世
(1)
オランダ王
ウィレム1世
 
パウル・フォン・ヴュルテンベルク
 
シャルロッテ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン
 
フリードリヒ・ヴィルヘルム
ナッサウ=ヴァイルブルク侯
 
ルイーゼ・イザベル・フォン・キルヒベルク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アナ・パウローナ
 
ギヨーム2世
(2)
オランダ王
ウィレム2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク
 
ヴィルヘルム
ナッサウ公
 
ルイーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギヨーム3世
(3)
オランダ王
ウィレム3世
 
 
 
 
ゲオルク・ヴィクトル
ヴァルデック侯
 
ヘレーネ・フォン・ナッサウ
 
ゾフィア・フォン・ナッサウ
(スウェーデン王オスカル2世妃)
 
ニコラウス・ヴィルヘルム
 
アドルフ
(4)
ナッサウ公
 
アーデルハイト・マリー・フォン・アンハルト=デッサウ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンマ・フォン・ヴァルデック=ピルモント
 
 
ロベルト1世
パルマ公
 
マリーア・アントーニア・デル・ポルトガッロ
 
マリー=アンヌ・ド・ポルテュガル
 
ギヨーム4世
(5)
 
ヒルダ・フォン・ナッサウ
(バーデン大公フリードリヒ2世妃)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィルヘルミナ
オランダ女王
 
マリー=アデライード
(6)
 
シャルロット
(7)
 
フェリックス・ド・ブルボン=パルム
 
イルダ
 
アントニア
 
エリザベート
 
ソフィー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョゼフィーヌ=シャルロット・ド・ベルジック
 
ジャン
(8)
 
エリザベート
 
マリー=アデライード
 
マリー=ガブリエル
 
シャルル
 
アリックス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリー=アストリッド
 
マリア・テレサ・メストレ
 
アンリ
(9)
 
ジャン
 
マルガレータ
 
ギヨーム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギヨーム
 
フェリックス
 
ルイ
 
アレクサンドラ
 
セバスティアン
 
 
 
 
 
 
 
 

関連項目[編集]