葡萄十字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブドウの十字架。トビリシ・シオニ大聖堂蔵。

葡萄十字(ぶどうじゅうじ、グルジア語:ჯვარი ვაზისა)は、グルジア正教会の主要なシンボルである。「ブドウの十字架」とも書かれ、他に「グルジアの十字架」や「聖ニノの十字架」としても知られる。十字架は、キリスト教イベリア王国(カルトリ王国とも)で正式な宗教となった、西暦4世紀ごろのものと考えられている。

その十字架の横に水平な部分が、やや下へ垂れ下がっている点が特徴である。伝承に基づく記述では、カッパドキア人女性で4世紀初頭にイベリア(現在のグルジア)において、グルジアの亜使徒光照者聖ニノがこの独特な形状をしたグルジアの十字架を用い、キリスト教の伝道を行っていたとされている。伝説によると、この十字架は聖ニノがこのブドウの木で作られた十字架をイエスの母マリアから受けとった、或いは彼女自身がムツヘタへ向かう途中で鍛造し、それを彼女の髪と絡めて保管していたといわれている。ニノはグルジアへの伝導の際に、この十字架を持って来た。しかし、下へ垂れさがっているこの十字架の一風変わった表現は、近代の初期まで登場しなかった。

伝記によると、この聖ニノの十字架は、541年までムツヘタにあるスヴェティツホヴェリ教会で保管されていたという。ペルシア帝国による侵略が行われていた最中、十字架はアルメニアによって奪われ、グルジア王ダヴィト4世1124年ムスリム達からアルメニアの都市アニを奪回するまで、アルメニアに保管されていた。その後王により十字架はムツヘタへと戻されている。グルジア王ワフタング3世(在位1303年 - 1307年)は、聖ニノの生涯の一場面を描いた、特別な包みに入れて十字架を祀った。17世紀から18世紀にかけ、グルジアがペルシア人オスマン人からの侵攻の対象となった際、十字架はより安全な場所、すなわちゲルゲティ・トリニティ教会、その後グルジアの高地にあるアナヌリ教会、最終的にモスクワへと移された。1801年、グルジアへ亡命したゲオルゲ・バグラティオン (George Bagration) は、ロシア皇帝アレクサンドル1世へ十字架を献上した。グルジアがロシア帝国に合併されたのち、アレクサンドル1世は1802年にこの十字架をグルジアへと返還している。それ以来、十字架はグルジアの首都トビリシにある、トビリシ・シオニ大聖堂で保管され続けている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]