マートン・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マートン・ミラー
シカゴ学派
生誕 1923年5月16日
マサチューセッツ州ボストン
死没 2000年6月3日(77歳)
イリノイ州シカゴ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 カーネギーメロン大学
シカゴ大学
LSE
母校 ジョンズホプキンス大学(Ph.D.)
ハーバード大学(M.A.)
影響を
受けた人物
フリッツ・マハループ
影響を
与えた人物
ユージン・ファーマ
ミッチェル・ジェンセン
リチャード・ロール
マイロン・ショールズ
実績 モジリアーニ=ミラー理論
受賞 ノーベル経済学賞 (1990年)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1990年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:資産形成の安全性を高めるための一般理論形成を称えて

マートン・ハワード・ミラーMerton Howard Miller1923年5月16日 - 2000年6月3日)はアメリカ合衆国経済学者1990年ノーベル経済学賞を受賞。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学会[編集]

ノーベル賞受賞[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • Financial Innovations and Market Volatility, (Blackwell, 1991).
  • Merton Miller on Derivatives, (Wiley, 1997).
齋藤治彦訳『デリバティブとは何か』(東洋経済新報社, 2001年)
  • Selected Works of Merton H. Miller: A Celebration of Markets, 2 vols., (University of Chicago Press, 2002).

共著[編集]

  • "Cost of Capital, Corporation Finance and the Theory of Investment,"with Merton H. Miller, American Economic Review, vol.48, No.3, June 1958, pp.261-297.
  • "Corporate Income Taxes and the Cost of Capital, A Correction," with Merton H. Miller,American Economic Review, Vol.53, No3, June 1963, pp.433-443.
  • Auditing, Management Games, and Accounting Education, with Neil C. Churchill and Robert M. Trueblood, (R.D. Irwin, 1964).
  • The Theory of Finance, with Eugene F. Fama, (Dryden Press, 1972).
  • Macroeconomics: A Neoclassical Introduction, with Charles W. Upton, (R. D. Irwin, 1974).

編著[編集]

  • Essays on Economic Semantics, (Prentice-Hall, 1963).
安場保吉高木保興訳『経済学と意味論』(日本経済新聞社, 1982年)

共編著[編集]

  • Essays in Applied Price Theory, co-edited with R. H. Coase, (University of Chicago Press, 1980).
  • Corporate Hedging in Theory and Practice: Lessons from Metallgesellschaft, co-edited with Christopher L. Culp, (Risk Books, 1999).

関連項目[編集]

引用[編集]

  1. ^ Merton H. Miller

外部リンク[編集]