ニコラス・オナフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコラス・オナフNicholas Greenwood Onuf, 1941年 - )は、アメリカ合衆国政治学者。国際関係思想を専攻。

ジョンズ・ホプキンス大学大学院修了。アメリカン大学教授を経て、現在、フロリダ国際大学名誉教授。

国際関係論における構成主義の先駆者。

著作[編集]

単著[編集]

  • World of Our Making: Rules and Rule in Social Theory and International Relations, (University of South Carolina Press, 1989).
  • The Republican Legacy in International Thought, (Cambridge University Press, 1998).
  • International Legal Theory: Essays and Engagements, 1966-2006, (Routledge, 2008).
  • Making sense, making worlds: constructivism in social theory and international relations, Routledge, 2013.

共著[編集]

  • Federal Union, Modern World: the Law of Nations in an Age of Revolutions, 1776-1814, with Peter Onuf, (Madison House, 1993).
  • Nations, Markets, and War: Modern History and the American Civil War, with Peter Onuf, (University of Verginia Press, 2006).

編著[編集]

  • Law-making in the Global Community, (Carolina Academic Press, 1982).

共編著[編集]

  • International Relations in a Constructed World, co-edited with Vendulka Kubalkova and Paul Kowert, (M. E. Sharpe, 1998).

邦訳論文[編集]

  • 「主権と近代」(関寛治ほか編)『地球化時代の日米関係』日本評論社, 1991年)
  • 「欲求の体系としてのグローバル市民社会―国家ではなく、ヘーゲルに立ち返って―」(『立命館大学産業社会論集』, 第35巻, 第3号, 1999年, および同35巻, 第4号, 2000年)