ポール・ウォルフォウィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ウォルフォウィッツ
Paul Dundes Wolfowitz
Paul Wolfowitz.jpg
生年月日 1943年12月22日(70歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
出身校 コーネル大学シカゴ大学
所属政党 共和党
配偶者 クレア・セルジン・ウォルフォウィッツ
公式サイト [1]

アメリカ合衆国の旗 第10代世界銀行総裁
任期 2005年6月1日 - 2007年6月30日

任期 2001年1月3日 - 2005年5月31日
大統領 ジョージ・W・ブッシュ
テンプレートを表示

ポール・ダンデス・ウォルフォウィッツPaul Dundes Wolfowitz1943年12月22日 - )は、アメリカ政治家。第25代国防副長官、第10代世界銀行総裁などを歴任した。

代表的なネオコンの論客の1人であり、冷戦時代はアメリカのタカ派グループチームBの1人としても知られ、また親イスラエル派でブルー・チームと呼ばれる親台派である。イラク戦争建築家的存在で、ブッシュ大統領の政策顧問団バルカンズの一人でもあった。大中東構想(後に拡大中東・北アフリカ構想に改称)の発案者でもあるが、現在はイラクを含む中東政策に関しては一切口を閉ざしている。

プロフィール[編集]

ポーランドからの移民である東欧系ユダヤ人の血を引く数学ジェイコブ・ウォルフォウィッツとリリアン・ダンデスの次男としてニューヨークブルックリン区に生まれ、主に父が奉職していたコーネル大学のあるイサカで育った。父は1920年にポールの祖父母とアメリカに移民したが、ポーランドに残った親類の多くは逮捕され、ホロコーストの犠牲となった。そのため父はシオニズムに傾倒し、ソ連による反体制派やマイノリティへの弾圧に反対運動を行っていた。1957年、ポールが14歳の時に父がハイファイスラエル工科大学で教鞭をとることになり、これに付き添いイスラエルに渡った。この際、彼の姉妹はイスラエルに永住を決意している。1961年に高校を卒業後、コーネル大学で、数学化学を学ぶ。その後、シカゴ大学政治学の博士号を取得後、一時イェール大学で教職に就く。1970年代から約20年間、国務省国防総省で勤務。

ロナルド・レーガン政権下、国務次官補(東アジア・太平洋担当)を経て、スハルト体制下のインドネシアに大使として3年間赴任。後にインドネシアの大統領となるアブドゥルラフマン・ワヒドと親交を深め、イスラム教への深い信仰と宗教的寛容・世俗主義が共存しうることに強い感銘を受けたといわれる。インドネシア滞在時は、文化人類学者のクレア夫人と共に現地の文化に魅せられ、インドネシア語を学び、ユダヤ系アメリカ人であるにもかかわらず、世界最大のイスラム人口を抱える国で高い評価を得る。離任時には、スハルト体制を批判する演説も行なっている。

ブッシュSr.政権下では国防次官(政策担当)クリントン政権時にはジョンズ・ホプキンス大学SAISの学長を務める。

2001年1月よりブッシュ大統領(ジュニア)国防副長官アメリカ新世紀プロジェクトのメンバーであり、ブッシュ政権内のネオコン陣営の要石のひとり。国防長官のドナルド・ラムズフェルドとともに、「中東民主化」の大義名分の下、イラク戦争への道を推し進めた。そのさい「イラクの戦後復興費用はイラクの石油で賄える」と極めて楽観的な見解を示したが、2007年末までに費やされたイラク戦争への費用は直接的なものだけで6千億ドル以上に登っており、その見通しの甘さに厳しい批判が浴びせられている。2004年には占領政策の失敗などからラムズフェルド国防長官とともに更迭を要求する法案が議会へ提出されたが否決された。

2001年ごろ、リビア出身で英国籍の世界銀行職員シャーハー・リザーen:Shaha Riza)と交際し始め、妻クレア・セルギン・ウォルフォウィッツとは別居した。翌年離婚。

2005年3月にブッシュ大統領により世界銀行総裁に指名され、同年6月には、世界銀行総裁に就任した。しかし、ネオコン出身で元々評判が悪かったうえに、世界銀行は元より国際開発関係の勤務経験がまったく無かったことから、ボルトン国連大使同様「ブッシュによる国際社会への嫌がらせ人事」と揶揄された。総裁就任後は「世界銀行の汚職体質の一掃」を目標に掲げ、自身の政策スタッフを大量に引き連れて来たため、従来の世界銀行職員たちとの間に深刻な感情的対立を引き起こし、後に内部告発で足をすくわれる原因となった。

2007年4月、内部告発により「恋人」関係にある同行職員のシャーハー・リザーを厚遇していたことが報道され、同月13日、記者会見において謝罪した。配偶者その他の同職場での勤務禁止規定からリザーは国務省に出向、管理職扱いとなるとともに、ウォルフォウィッツは世界銀行人事担当者に職級、給与額などを指示し、リザーの年収は昇給幅に関する内規を超える40%以上の昇給により約19万ドルとなった。同月15日、世界銀行と国際通貨基金との合同開発委員会は、この問題に対し強い懸念を表明し、また、欧州の加盟国政府などが辞任を強く要求したため、6月30日付けで総裁を辞任した。

2008年1月24日、米国務省は軍備管理や不拡散問題で政策提言する同省の「国際安全保障諮問委員会」の委員長にウォルフォウィッツを指名すると発表した。同ポストは議会の承認を必要としないため、ブッシュ政権内では3度目の公職に復帰することになった。

湾岸戦争時に行われたチェイニー国防長官記者会見を聞くウォルフォウィッツ(右)とコリン・パウエル大将(左)、ノーマン・シュワルツコフ大将(中央)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
W・アンソニー・レイク
アメリカ合衆国国務省政策企画本部長
1981年2月13日 - 1982年12月22日
次代:
スティーヴン・W・ボズワース
先代:
リチャード・ホルブルック
アメリカ合衆国国務次官補(東アジア・太平洋担当)
1982年12月22日 - 1986年3月12日
次代:
ガストン・シグール
先代:
フレッド・チャールズ・イクレ
アメリカ合衆国国防次官(政策担当)
1989年5月15日 - 1993年1月19日
次代:
フランク・ジョージ・ウィズナー
先代:
ルディ・デ・レオン
アメリカ合衆国国防副長官
2001年1月3日 - 2005年5月31日
次代:
ゴードン・イングランド
先代:
ジェイムズ・ウォルフェンソン
世界銀行総裁
2005年6月1日 - 2007年6月30日
次代:
ロバート・ゼーリック