サティエンドラ・ボース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サティエンドラ・ボース
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細

サティエンドラ・ナート・ボース英語Satyendra Nath Boseベンガル語:ソッテンドロナート・ボスゥ সত্যেন্দ্রনাথ বসুヒンディー語:サティエーンドラ・ナート・バスゥ सत्येन्द्र नाथ बसु1894年1月1日 - 1974年2月4日)は、インド物理学者ボース=アインシュタイン統計光子の統計として導入。ボース粒子(ボソン、ボーズ粒子/ボゾンとも)として名を残す。

ボースは1894年に英領インドのカルカッタに生れた。1909年からカルカッタのプレジデンシー大学に入学した。1916年から教職に就き、ダッカ大学(1921年~1945年)を経てカルカッタ大学(1945年~1956年)の教授となった。

ボースはダッカ大学時代の1924年、アインシュタインのもとに「プランクの放射法則と光量子仮説」と題する論文を送った。それを読んだアインシュタインは非常に高く評価し、ドイツ語に翻訳して物理学雑誌に掲載させた。ここからボースによる光子の統計法の理論が広まり、アインシュタイン自身によって発展させられた。

関連項目[編集]