ルブリン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルブリン県 (Województwo lubelskie)
ルブリン県の県旗 ルブリン県の県章

位置
Lubelskie location map.PNG
情報
地域: ポーランド東部
県都: ルブリン
面積: 25,155  km²
人口
 - 合計
 - 人口密度

約2,244,000 人
89   人/km²
郡: 20
グミナ: 213
略号: L
県番号: 06
県知事: アンジェイ・クロフスキ (Andrzej Kurowski)
公式ウェブサイト: 県庁公式ウェブサイト
Potocki's Palace in Międzyrzec Podlaski
Old chapel
Krzna river

ルブリン県Województwo lubelskie)は、ポーランド東部の県である。県都はルブリンウクライナベラルーシと接していて、国内ではポドラシェ県マゾフシェ県シフィェンティクシシュ県ポトカルパチェ県と接している。

1998年の地方行政区画再編にともない、旧ルブリン県、ヘウム県、ザモシチ県、ビャワ・ポドラスカ県、そしてタルノブジェク県の一部と、同じくシェドルツェ県の一部を合わせて成立した。県名のルブリンはこの地域の伝統的呼称。

歴史[編集]

経済[編集]

地域区分[編集]

著名な出身者[編集]

県内の主な自治体[編集]

観光地[編集]

カジミェシュ・ドルヌィ(Kazimierz Dolny[編集]

ヴィスワ河畔ルネサンス様式の街。ポーランドで最も美しい街の一つとされる。芸術家や文人が多く住み、観光客で賑わう。公式サイト(英語・ポーランド語)あり[1]

ルブリンLublin[編集]

ルブリン県の県都。1569年この地で、ポーランド王国リトアニア大公国連邦国家となる決定をした(ルブリン合同)。中世のままの佇まいを残す旧市街と巨大なルブリン城が美しい。街の西方の郊外にはナウェンチュフ(Nałęczów)というスパがあり[2]、ここで採取される「ナウェンチョヴャンカ(Nałęczowianka)」というブランドのミネラルウォーターは名水として全国的に有名[3]。街の東方の郊外にはナチス・ドイツによって作られたマイダネク強制収容所跡があり、国立博物館となっている[4]。ルブリン市公式サイト(英語・ポーランド語)あり[5]

プワヴィPuławy[編集]

現在は工業都市であるが、18世紀には大貴族であるチャルトルィスキ(Czartoryski)家によってポーランドの文化芸術の一大中心地となった。チャルトルィスキ宮殿(Palac Czartoryskich)、マリンスカ宮殿(Palac Marynki)、シビュラ(Swiatynia Sybilli)などがある。市公式サイト(英語・ポーランド語・ドイツ語・スペイン語・ロシア語・フランス語)[6]、プワヴィ情報サイト(ポーランド語)[7]あり。

ザモシチZamość[編集]

後期ルネサンス様式の旧市街はユネスコ世界遺産に登録されている[8]。市公式サイト(ポーランド語、英語・ドイツ語・ウクライナ語は製作中)[9]、観光サイト(英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・リトアニア語)[10]あり。

外部リンク[編集]

Places in Lubelskie Homepage(ルブリン県各所の写真が豊富)