ヴィスワ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィスワ川
ヴィスワ川 2004年8月15日撮影
クラクフ・ヴァヴェル城下からのヴィスワ川
延長 1,047 km
水源の標高 1,106 m
平均流量 1,054 /s
流域面積 194,424 km²
水源 ベスキト山脈
河口・合流先 ヴィストゥラ潟英語版バルト海en:Gdańsk Bay
流域 ポーランド
テンプレートを表示
流路

ヴィスワ川Wisła)は、ポーランドで最長のである。全長は1,047km、流域面積はポーランド国土の60%以上におよぶ。ポーランド南部のベスキト英語版の山脈(en:Silesian Beskidsen:Barania Góra)の標高1,106m地点に源を発し、ポーランド国内を大きく蛇行しながら北へ流れ、バルト海へと注ぐ。

ヴィスワの名前は、紀元前77年に記された大プリニウスの「博物誌」にも登場する。古くはラテン語で「ウィストゥラ川 」[1]など、ポーランド語で「ヴァンダルス川」[2]などと呼ばれていた。これらの語は非常に古いもので、スラヴ語ゲルマン語などが成立する前にそれらのヨーロッパ言語の共通祖語として存在した後期インド・ヨーロッパ祖語球状アンフォラ文化の時代)を起源とし、語幹は「」を意味する(例:スラヴ語派ポーランド語でヴォダ[3]バルト語派リトアニア語でヴォダ[4])。ローマ時代に一大勢力としてこの一帯に住んでいた古代部族「ヴァンダル族[5](別名「ルーク族」[6])の名称はここから来たと推測される。おそらく「ヴァンダル」はラテン語での他称で、「ルーク」が現地語での自称に由来していたと思われる。ポーランドでは15世紀ごろまで「Alba aqua[7]という、ラテン語での別称ないし愛称も定着していた。ドイツ語では「ヴァイクセル川」[8]

ヴィスワ川は、大きく3つの区間に分けることができる。

支流[編集]

下流より記載

流域の都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ポーランド語: Vistula
  2. ^ ポーランド語: Vandalus
  3. ^ ポーランド語: woda
  4. ^ リトアニア語: voda
  5. ^ Vandals
  6. ^ Lugii
  7. ^ 「白水」を意味する。
  8. ^ : Weichsel

関連項目[編集]

Central-Europe-map.png この「ヴィスワ川」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ