ドルヌィ・シロンスク県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドルヌィ・シロンスク県
(Województwo dolnośląskie)
ドルヌィ・シロンスク県の県旗 ドルヌィ・シロンスク県の県章
位置
Dolnoslaskie location map.PNG
情報
地域: ポーランド南西部
県都: ヴロツワフ
面積: 19,948  km²
人口
 - 合計
 - 人口密度

約2,973,000 人
149   人/km²
郡: 26
グミナ: 169
略号: D
県番号: 02
県知事: ラファウ・ユルコヴラニェツ (Rafał Jurkowlaniec)
公式ウェブサイト: 県庁公式ウェブサイト

ドルヌィドルノ・シロンスク県Województwo dolnośląskie)は、ポーランド南西部の県である。ドルヌィ・シロンスクはポーランド語で「下シレジア」を意味する。県都はヴロツワフドイツチェコと接していて、国内ではルブシュ県ヴィエルコポルスカ県オポーレ県と接している。

地域区分[編集]

観光地[編集]

グウォグフ(Głogów)[編集]

ポーランド最古の街のひとつ。旧グウォグフ大公国の首都。ドイツ語名グロガウ。16世紀に大公ヤン2世の死によりポーランド王家の分家であるシロンスク・ピャスト家の家系が断絶すると、オーストリア領、スウェーデン領、再びオーストリア領、プロイセン王国領、ドイツ帝国領となり、第二次世界大戦後に再びポーランド領。第二次世界大戦ではドイツ軍ソ連軍の激しい戦闘で街並みが破壊されたが、戦後、ポーランド市民の手によって徐々に破壊前の姿に復元されつつある。グウォグフ公の居城、市庁舎、旧市街広場、教会群など。公式サイト(英語・ポーランド語・ドイツ語)あり[1]

ヤヴォル(ヤヴォル郡のヤヴォルJawor)[編集]

ドルヌィ・シロンスク県ヤヴォル郡(Powiat jaworski)の街。中世からの旧市街がある。こことシフィドニツァ(Świdnica)の2か所にある巨大な木造教会はヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群としてユネスコ世界遺産[2][3]に登録されている。公式サイト(英語・ポーランド語・ドイツ語)あり[4]。(下記の「シフィドニツァ」を参照)

イェレニァ・グラ(Jelenia Góra)[編集]

ドイツ語名ヒルシュベルク・イム・リーゼンゲビルゲ(Hirschberg im Riesengebirge)。中世にはポーランド王国の経済都市であったが16世紀半ばよりオーストリア領、その後プロイセン王国領、ドイツ帝国領となり、第二次世界大戦後に再びポーランド領となった。旧市街は中世のまま保存されている。公式サイト(英語・ポーランド語・ドイツ語)あり[5]

レグニツァ(Legnica)[編集]

1675年までポーランド・シロンスク公領、その後オーストリア領、プロイセン王国領、ドイツ帝国領となり、第二次大戦後に再びポーランド領となった。旧市街やレグニツァ大聖堂は中世のまま保存されている。1241年4月9日、この近郊でレグニツァの戦い(ワールシュタットの戦い)が行われ、ポーランドのシレジア公ヘンリク2世率いるポーランドドイツ連合軍がモンゴル軍に大敗した。この古戦場跡がある。公式サイト(英語・ポーランド語・ドイツ語)あり[6]

ブウェンドゥフ砂漠(Pustynia Błędowska)[編集]

ドルヌィ・シロンスク県からシロンスク県まで広がる西欧から中欧にかけての地域で最大の砂漠。平均40メートルの厚さの砂の層に覆われている。

シフィドニツァ(Świdnica)[編集]

中世からの旧市街がある。こことヤヴォル(Jawor)の2か所にある巨大な木造教会はヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群としてユネスコ世界遺産[7][8]に登録されている。街の公式サイト(ポーランド語)あり[9]。(上記の「ヤヴォル」を参照)

ヴァウブジフ(Wałbrzych)[編集]

中世後期にポーランド王家の分家であるシロンスク・ピャスト家の家系が断絶すると支配者が次々と変わり1941年までシレジア貴族の私領で、鉱山を中心とする工業都市として発展した。第二次世界大戦後に再びポーランド領。旧市街やクションシュ城(Książ)をはじめとした城や教会が有名。公式サイト(英語・ポーランド語・ドイツ語・フランス語・チェコ語)あり[10]

ヴロツワフ(Wrocław)[編集]

ドルヌィ・シロンスク県の県都。オドラ川のほとりにある。中世はポーランド王国の交易・金融の都市として発展し、ポーランド王家のピャスト家が代々シロンスク公として支配。シロンスク地方は14世紀半ばにボヘミア王国、その後オーストリア領となったが、ヴロツワフはピャスト家が統治し続けた。17世紀後期にピャスト家が断絶すると街はオーストリア領、ついでプロイセン王国領、ドイツ帝国領となり、第二次世界大戦ではドイツ軍ソ連軍との間の激しい戦闘で街の大半が破壊された。街は1950年代から数十年をかけてポーランド人の手によって戦前の姿に復元された。現在もワルシャワと並んでポーランドの重要な金融都市であり、国内の主要銀行の本店のいくつかはこの街にある。ドイツ帝国時代に建設された鉄筋コンクリートの巨大な建築物である百周年記念ホールは戦火を免れ、ユネスコ世界遺産[11][12]に登録されている。市内には日本庭園がある。市内を流れるオドラ川には12の島があり、100本以上の橋が架かっている「橋の街」でもある。市公式サイト(英語・ポーランド語・ドイツ語・フランス語)あり[13]

関連項目[編集]