マレク・グレフタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マレク・グレフタ (Marek Grechuta1945年12月10日-2006年10月9日)は、ポーランド歌手作曲家作詞家

生涯[編集]

ルブリン県ザモシチ市生まれ。マウォポルスカ県クラクフ市の工科大学で建築学を学んでいた1967年に、キャバレー『Anawa』で歌手としてデビュー。同年、彼はVI Ogólnopolski Konkurs Piosenkarzy Studenckich(第4回全国学生歌手選手権)で歌手として準優勝、『Tango Anawa』で優秀曲賞(作曲はJ. K. Pawluśkiewicz)を受賞した。1968年以降、彼はオポーレ市で開催されるポーランド音楽フェスティバルでも数々の賞を勝ち取った。

彼は、詩や文学の要素を巧みに取り入れたヒット曲を数多く手がけた。またクラクフ市のSTUシアターで演じられたL. A. Moczulski作『Exodus』(出エジプト記)やスタニワフ・ヴィトキェヴィチ作『Szalona Lokomotywa』(暴走機関車)などのミュージカルの音楽製作にも加わった。

2006年、クラクフ市にて死去。

ディスコグラフィ[編集]

  • 1970年 Marek Grechuta & Anawa
  • 1971年 Korowód
  • 1972年 Droga za widnokres
  • 1974年 Magia obłoków
  • 1977年 Szalona lokomotywa
  • 1979年 Pieśni M. Grechuty do słów Tadeusza Nowaka
  • 1981年 Śpiewające obrazy
  • 1984年 W malinowym chruśniaku
  • 1987年 Wiosna - ach to ty
  • 1989年 Krajobraz pełen nadziei
  • 1993年 Jeszcze pożyjemy
  • 1994年 Dziesięć ważnych słów
  • 1998年 Serce
  • 2003年 Niezwykłe miejsca

外部リンク[編集]