ハイイロチュウヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイイロチュウヒ
Northern (Hen) Harrier.jpg
ハイイロチュウヒ Circus cyaneus (メス)
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約 付属書II類
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Accipitriformes
: タカ科 Accipitridae
: チュウヒ属 Circus
: ハイイロチュウヒ C. cyaneus
学名
Circus cyaneus (Linnaeus, 1766)
和名
ハイイロチュウヒ
英名
Hen harrier, Northern harrier

Circus cyaneus dis.PNG

ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟、学名Circus cyaneus )は、タカ目タカ科チュウヒ属に分類される鳥類の1種である。

分布[編集]

繁殖地は北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸北部で、冬季は北アメリカ大陸南部から南アメリカ大陸北部、アフリカ大陸北部、ユーラシア大陸中部に移動し越冬する。ヨーロッパでは周年生息する。

日本では越冬のために冬鳥として飛来するが局地的であり、個体数は少ない。

形態[編集]

オスは全長40 - 45 cm。メスは50 - 55 cm。メスの方が大型になる。尾羽の背面(上尾筒)には白い斑紋がある。

オスは全身が灰色で、初列風切羽は黒い。腹部の羽毛は白い。メスや幼鳥は全身が褐色の羽毛に覆われる。腹面は淡褐色で褐色の斑紋が入る。

生態[編集]

草原湿地に生息する。地上付近を低空飛行したり、地上を徘徊しながら獲物を探す。地面に草や木の枝を束ねた巣を作る。

食性は肉食性で両生類爬虫類、鳥類、小型哺乳類等を食べる。

繁殖形態は卵生。4月から6月に3-6個の卵を産む。抱卵はメスのみが行う。

Sibley分類体系での位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

保全状況評価[編集]

LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))

Status iucn3.1 LC.svg

関連項目[編集]