ウラジーミル1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラジーミル1世
Володимѣръ Свѧтославичь
キエフ大公
Ukraine-Ivano-Frankivsk-Cathedral of Holy Resurrection-5.jpg
イヴァーノ=フランキーウシクの復活大聖堂にある大公の像
在位 978年(980年)6月11日 - 1015年7月15日
別号 ノヴゴロドの公(970年頃‐988年)
配偶者 ウラジーミルの家族参照
子女 スヴャトポルク1世
ヤロスラフ1世
ボリスとグレブなど
王朝 リューリク朝
父親 スヴャトスラフ1世
母親 マルーシャ(ru
宗教 キリスト教
テンプレートを表示
ノヴゴロドにあるロシア1000年記念碑の銅像。八端十字架を掲げている。

ウラジーミル1世ロシア語: Владимир Святославич)、ヴォロディーミル1世古東スラブ語: Володимѣръ Свѧтославичьウクライナ語: Володимир Святославич955年頃 - 1015年7月15日)は、リューリク朝キエフ大公国キエフ大公(在位:978年6月11日 - 1015年7月15日)。スヴャトスラフ1世と侍女マルーシャの子。子にはヤロスラフ1世ボリスとグレプがいる。キエフ大公国をキリスト教化した。キリスト教正教会カトリック教会聖公会ルーテル教会)の聖人で、亜使徒・聖公ウラジーミルと呼ばれる。祭日は7月15日7月28日)。「太公」、「聖公」、「赤日」とも呼ばれる。

前半生[編集]

父スヴャトスラフ1世存命中からノヴゴロド公に任じられていた。これは、後継者として目されていたためであろう。そして父の死後の975年に長兄ヤロポルクが次兄オレーグと争い、殺害にいたると[1]977年ウラジーミルはスカンディナビアへ逃亡した。37歳の時[2]ノルマン人ヴァリャーグ)人を率いて帰還、ヤロポルクを破り、キエフ大公として即位した。『ルーシ年代記』による即位年は980年であるが、11世紀後半の書『Память и похвала князю русскому Володимиру』によると、978年となっている[3]。ウラジーミル1世が37歳になったのは978年であるため、980年説は成立しない。しかし、多くの書物では980年説は定説となっている。

即位過程で、ポロツクを滅ぼし、公女ログネダを略奪して妻とした[4]。さらに南方や北東地域にも進出してキエフ大公国の領土を父の代から倍増させた。981年にヴャチチ族、984年にラヂミチ族を従属させた[5]。モスクワの東に位置するウラジーミルの町やヴォルィニ地方のウラジーミルは彼が建設したとされる[要出典]

内政においては、ノルマン系のルーシ族の植民を奨励する一方で[要出典]、980年頃、ルーシに伝統的な異教信仰を基盤に据えた国制改革を行ったとされる。伝統的なルーシの異教信仰に近隣諸民族の神を加えた大規模な祭祀を行ったが失敗した。こうして、数年後のキリスト教導入に至る。987年に10人の家来たちに各宗教を調査させた報告を聞き、また祖母オリガの洗礼に続き、988年に彼も洗礼を受けた。そして異教の偶像を破壊するよう命じた[6]

キリスト教導入後[編集]

ウラジーミルの金貨(10世紀の肖像と紋章)。

988年にはキリスト教を国教として導入、加えて東ローマ皇帝バシレイオス2世の妹アンナと結婚し[7]、キエフ大公国の権威を上昇させると共に、当時最先端であったビザンツ文化を取り入れるなど、優れた手腕を見せた。ウラジーミルは12人の息子をキエフ大公国の各地に封じた。近隣との関係はおおむね平穏であったが、ペチェネグ人には悩まされた。アンナの死後、ウラジーミルは再婚した。相手はオットー1世の孫娘のひとりであったとする説がある。晩年には、息子ヤロスラフ1世と対立し、これを討つための準備中にキエフ近郊のベレストヴォで死去した(1015年)。

ウラジーミルの遺体は、分割され、彼が建てたさまざまな教会に送られて不朽体聖遺物)として崇敬を受けた。キエフの最も大きな大聖堂のひとつ(聖ヴォロディームィル大聖堂)がウラジーミルに捧げられた。ウラジーミルへの崇敬はルーシの伝統となった。19世紀にはウクライナにおけるキエフ大学の正式名称は、キエフ・ルーシに文明とキリスト教をもたらした人物としてウラジーミルの名称を冠している。ロシア帝国では聖ウラジーミル勲章が設けられた。ウラジーミルは正教会から13世紀に列聖され[8]カトリック教会でも聖人として崇敬されている。政治軍事ともに大きな成果を収めたウラジーミル1世の功績は、民族叙事詩である「ブィリーナ」で、また修道士ヤコフ・ムニフの『頌詞』のなかで賞賛されている。彼と共に、東スラブにおけるヴァリャーグ人時代は終わり、キリスト教時代が始まった。

名称の日本語表記[編集]

ウラジーミル1世の日本語での名称は、除村吉太郎訳注『ロシヤ年代記』ではウラヂミル[9]和田春樹編『ロシア史』ではウラジーミル1世[10]田中陽児倉持俊一・和田春樹編『ロシア史1 9~17世紀』では聖公ウラジーミル1世ウラジーミル大公[11]木下康彦木村靖二吉田寅編『詳説世界史研究』ではウラディミル1世[12]伊東孝之井内敏夫中井和夫編『ポーランド・ウクライナ・バルト史』ではヴラジーミル(ヴォロディーミル)[13]、黒川祐次『物語ウクライナの歴史』ではヴォロディーミル(ロシア語名ウラジーミル)[14]などと表記される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
ヤロポルク1世
キエフ大公
5代
980年頃 - 1015年
次代:
スヴャトポルク1世