ウラジーミル2世モノマフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「狩猟中に休息をとるモノマフ」ヴィクトル・ヴァスネツォフ画、1900年頃

ウラジーミル2世モノマフまたヴォロディームィル2世モノマフ[1]1053年 - 1125年5月19日)は、キエフ大公(在位:1113年 - 1125年)。洗礼名はヴァシーリー

生涯[編集]

相次ぐ内乱や外冦で衰えていた大公国を中興し、後世もっとも人気のあるキエフ大公となった。父はフセヴォロド1世、母は東ローマ皇帝コンスタンティノス9世モノマコスの娘。ヤロスラフ1世の孫。息子にムスチスラフ1世ユーリー・ドルゴルーキーがいる。ウラジーミルはポーロヴェツ族(キプチャクないしはクマン)との戦いで戦果を上げ、キエフ大公国全体の統一を回復した。モノマフのあだ名は、母方の祖父にあたる東ローマ皇帝コンスタンティノス9世モノマコスにちなむ。ウラジーミルは母方の系譜を通じて東ローマ皇帝家さらにはロマノス1世レカペノスやアルメニア出身のレオーン5世の血筋に属していた。これは外交面で大きな利点となった。

先代のキエフ大公スヴャトポルク2世とは従兄弟の関係になる。スヴャトポルクの治世中は、有力な諸公の一人として、緊張した対立関係にあった。1093年以降、ウラジーミルは、自らの相続地であるペレヤスラヴリ・ルースキーのほか、北方のスズダリロストフを支配し、のちに大公国の首都となるウラジーミルを含め、いくつかの都市を建設した。また内紛を解消し遊牧民との戦いに備えることを目的とした諸公会議を3度組織した。キエフ・ルーシでは兄弟への分割相続が行われ領地の相続権を争う内紛が絶えなかった。1097年リューベチでの諸公会議で、それぞれの相続地を現状固定する合意が結ばれた。しかしその後も諸公同士の内紛は続いた。1096年には、スヴャトポルクに従いポーロヴェツ族の遠征にも同行した。

1113年スヴャトポルクが没すると、キエフの住民はただちに暴動を起こし、ウラジーミルの即位を求めた。ウラジーミルはキエフに平和裡に入城し、以後1125年まで公位を保った。ウラジーミルは精力的に活動した。彼自身の言葉によれば、生涯に「大きな遠征を83回行った」。また内政面では、曽祖父ヤロスラフ1世の作った法規ルースカヤ・プラウダを詳細化し補完する「モノマフの法典」を作った。ウラジーミルは服属しない諸公から領地を没収し、息子たちに与えることで、最終的に国土の3分の4を支配下に置いた。ウラジーミルの死後は息子ムスチスラフ1世が後を継ぎ、公国の安定を維持した。

子女[編集]

ウラジーミルは三度結婚した。最初の妻ハロルド2世の娘であるウェセックスのギータからはムスチスラフ1世を含む5人の息子を得た。

最初の妻か二番目の妻か所生のはっきりしない娘が一人ある。

再婚相手はコンスタンティノポリスの貴族の娘であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ウクライナ語名ではヴォロディームィル2世モノマフВолодимир II Мономахヴォロドィームィル・ドルーヒイ・モノマーフ)、ロシア語名ではヴラジーミル2世モノマフВладимир II Мономахヴラヂーミル・フタローイ・マナマーフ)となる。名前父称を組み合わせて呼ぶ習慣から、ヴォロディームィル・ヴセーヴォロドヴィチ(Володимир Всеволодович―・ヴセーヴォロドヴィチュ)、ウラジーミル・フセーヴォロドヴィチ(Владимир Всеволодович―・フスィェーヴァラダヴィチュ)とも呼ばれる。また、ルーシ年代記によるとヴォロディーメルと称したとされる。
先代:
スヴャトポルク2世
キエフ大公
18代
1113年 - 1125年
次代:
ムスチスラフ1世