ヤロポルク2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤロポルク2世古ルーシ語:Ярополкъ Володимеричь1082年 - 1139年2月18日)は、スモレンスク公、ペレヤスラヴリ公を経てキエフ大公(在位:1132年 - 1139年)。ウラジーミル・モノマフの子。母親はアングロ・サクソンのギータ

1132年に兄ムスチスラフ1世の跡を継ぎ、キエフ大公位に就く。

彼の治世は不安定であったといわれる。というのも、モノマフ一門の間で不和が生じていた上に、チェルニゴフ地域を拠点としていた大伯父スヴャトスラフの一門がこれに拍車をかけたからである。当時の原則に照らせば、この大伯父の家門もまた、大公位を主張することが出来たからである。

ポロツク公国もこの混乱に乗じて復興された。

先代:
ムスチスラフ1世
キエフ大公
20代
1132年 - 1139年
次代:
ヴャチェスラフ1世