ムスチスラフ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムスチスラフ1世によって建てられたノヴゴロド近郊の聖ニコライ聖堂、大公の家族を描いた12世紀のフレスコ画が残る

ムスチスラフ1世Мстислав I Владимирович, 1076年6月1日 - 1132年4月14日)はキエフ大公(在位:1125年 - 1132年)。「偉大なる」ムスチスラフとあだ名される。ウラジーミル・モノマフの長男。

生涯[編集]

1076年にスモレンスクに生まれる。1093-95年をロストフ、そしてスモレンスクで過ごす。1111年には父ウラジーミルとクマン人(ポロヴェツ)に遠征する。1116年に再度遠征し、彼らの町を奪う。1125年に、父の死に伴い、キエフ大公位を相続する。1130年にチュジ族討伐のために遠征。1132年に死去。大公位は弟のヤロポルク2世に渡った。

子女[編集]

1095年にスウェーデン王インゲ1世の娘クリスティーナと結婚し、10人の子女をもうけた。

クリスティーナと死別(1122年1月18日)後、、ノヴゴロド市長のドミトル・ザヴィジチの娘リュバヴァと再婚し、3人の子女をもうけた。

先代:
ウラジーミル2世モノマフ
キエフ大公
19代
1125年 - 1132年
次代:
ヤロポルク2世