ヴァルデマー1世 (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァルデマー1世の銅像

ヴァルデマー1世デンマーク語Valdemar 1. den Store,1131年1月14日 - 1182年5月12日)は、デンマーク王(在位:1157年 - 1182年)。デンマーク2人目の大王。父はユトランド伯でデンマーク王エーリク1世の息子クヌート・ラヴァルド、母はキエフ大公ムスチスラフ1世の娘インゲボルガ。

当時のデンマークは王位継承戦争で混乱状態にあり、従兄のスヴェン3世又従弟クヌーズ3世が内乱を起こしていた。ヴァルデマーはスヴェン3世についてクヌーズ3世をデンマークから追放したが、1154年にクヌーズ3世に寝返り、スヴェン3世はドイツへ亡命した。

1157年にドイツから戻ったスヴェン3世と和睦、デンマークを3人で統治すると決められたが、スヴェン3世はロスキレでクヌーズ3世を殺害、ヴァルデマー1世は側近のアブサロンと共に逃亡した後に軍を率いてスヴェン3世を撃破(グラーテ・ヘーゼの戦い)、スヴェン3世は逃亡中に殺害された為、デンマークはヴァルデマー1世の単独統治となり、内乱は終息した。

対外的には神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世に臣従を誓い、叙任権闘争においても皇帝派を支持し、教皇派のルンド大司教エスキルを更迭した。1165年には独断で長男クヌーズを太子とし、1170年には復任したエステルに戴冠させた。また、ロスキレ大司教に就任したアブサロンと協力して領土全域に城砦を築き、ヴェンド人の根拠地リューゲン島を征服した。この時にアブサロンの建設した砦の1つが現在のコペンハーゲンとなる。

子女[編集]

1157年、ミンスク公ヴォロダリの娘ソフィヤと結婚。8人の子を儲けた。

庶子が1人いる。

先代:
スヴェン3世/クヌーズ3世
デンマーク王
1157年 - 1182年
次代:
クヌーズ4世