マグヌス1世 (ノルウェー王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マグヌス1世Magnus I1024年 - 1047年10月23日)はノルウェー(在位:1035年 - 1047年)およびデンマーク(在位:1042年 - 1047年)。聖オーラヴの息子で、善王(den Gode)として知られていた。

1028年から1035年の間、ノルウェーから追放されていたが、クヌート大王の死後、デンマークの支配に疲弊していたノルウェーの貴族達に呼び戻された。ハーデクヌーズの死後はクヌートの姉エストリッドの息子スヴェンを王にする声があったにもかかわらず、デンマークの王にもなった。デンマークの南方国境で大騒乱があり、1043年マグヌスが重要な勝利をLyrskov Hedeでおさめた。こうして彼は善王と呼ばれるようになった。

ライバルであったスヴェンは諦めずに彼らの間には無数の闘争があった。事態はスヴェンをデンマークの伯爵にする事で解決がはかられた。また、彼の権力を奪い取ろうとする叔父のハーラルともノルウェーで紛争を起こした。1046年、マグヌスはハーラルに権力を割譲する事を強いられた。1047年、スヴェンはスウェーデンアーヌンド・ヤーコブの助けを借りてデンマークから追い出された。スヴェンは充分な支持を集める事ができずに、スカニアへ追われた。マグヌスは1047年に落馬して死んだ。死の床で彼はデンマークの後継者がスヴェン、ノルウェーの後継者がハーラルであることを宣言した。遺骸はノルウェーへ運ばれ、彼の父と同じくトロンハイムの大聖堂に埋められた。彼の死により、聖オーラヴの直系による王位は途絶え、それが復活したのは1280年に彼の実の姉妹の子孫を母に持つエイリーク2世が王位を継いだ1回限りであった。

マグヌスの娘はノルウェーの貴族と結婚した。その子孫の一人はオークニー伯と結婚した。その子孫のイングランドジェームズ1世スコットランドにもなり、その子孫のデンマーク王クリスチャン7世はマグヌスの血を引くはじめてのノルウェー王となった。

先代:
クヌーズ1世
ノルウェー国王
1035 – 1047
次代:
ハーラル3世
先代:
ハーデクヌーズ
デンマーク国王
1042 – 1047
次代:
スヴェン2世