ソフィヤ・ウラジミロヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソフィヤ・ウラジミロヴナ / ミンスクのソフィアベラルーシ語: Сафія Валадараўна / デンマーク語: Sofia af Minsk、1141年頃 - 1198年5月5日)は12世紀後半のデンマーク王妃(デンマーク王ヴァルデマー1世の妻)である。母はポーランド大公ボレスワフ3世の娘のRyksa(ru)[注 1]である。父はおそらくミンスク公ヴォロダリとみなされている。

生涯[編集]

ルーシの年代記にはソフィヤに関する記述はなく、ソフィヤの存在は西欧の史料上にのみ確認できる。すなわち、中世デンマークの歴史家サクソ・グラマティクスの著書[1]、『クヌートの子孫のサガ』(ru)[2][注 2]などにおいてである。同様にその出生地も不明である。しかし出自に関する論争において、ソフィヤは伝統的にミンスク公ヴォロダリの娘とみなされており、この説はJ. Gallénによってほぼ立証されている[3]。なお、帝政ロシア出身の系譜学者N.バウムガウルテン(ru)[4]ソビエト連邦の歴史学者V.パシュト(ru)[5]らは、ソフィヤはノヴゴロド公ウラジーミル・フセヴォロドヴィチの娘ではないかという仮説を唱えていたが、その場合、ヴァルデマー1世はいとこの姪と結婚したことになり、このような姻戚関係の可能性の有無が問われることになる。いずれにせよソフィヤの父は、母のRyksaにとっては2番目の夫ということになる。また、母は後にスウェーデン王と結婚しており、ソフィヤはスウェーデンで育った。

1154年、スウェーデンとデンマークとの同盟のために、デンマークのヴァルデマー1世との婚約がなされた。リクサはデンマークに所有地がなく、当時のデンマーク王クヌーズ3世(なお、ソフィヤの異母兄にあたる。)の所有地の1/8を譲られることが約束された。婚約の3年後の1157年10月23日に、ヴィボーでヴァルデマー1世と結婚した。結婚に関する記述は、12世紀の『スラヴ年代記』[注 3]に、「デンマーク王ヴァルデマールは、プリナランドの王ヴァラダと王妃リキツァの娘、スッフィヤを妻とした」と記されている[6][注 4]。デンマーク王妃として2男4女をもうけた。1182年にヴァルデマー1世と死別し、1184年テューリンゲン方伯ルートヴィヒ3世(ru)と再婚した。しかし1190年に離婚し、デンマークへ送り返された。1198年に死亡し、Ringsted(ru)[注 5]の王家の墓地の教会[注 6]において、最初の夫であるヴァルデマー1世の隣に埋葬された。ソフィヤは美しく、支配的で残酷、という記述が残されている。また後世(1580年1757年)に肖像画が描かれている。

[編集]

(以下のラテン文字表記はデンマーク語による)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「Ryksa」はポーランド語表記による。
  2. ^ 「クヌートの子孫のサガ」はロシア語: Сага о потомках Кнутаの直訳による。関連:サガ
  3. ^ 「スラヴ年代記」はロシア語: Славянская хроникаの直訳による。詳しくはru:Славянская хроника参照。
  4. ^ 日本語訳は以下のロシア語による:「Вальдемар конунг данов взял в жены Суффиу, дочь Валада, конунга Пулиналанда и королевы Рикицы.」原文のロシア語訳をさらに日本語訳しているため、固有名詞の転写が原文のものと大きくずれている可能性があることに留意されたし。
  5. ^ 「Ringsted」はデンマーク語表記による。
  6. ^ ソフィヤが埋葬された教会(デンマーク語: Skt. Bendts Kirke)についてはen:St. Bendt's Church, Ringsted参照。
  7. ^ 「公」はドイツ語: Herzog(ヘルツォーク)の訳。公#ドイツ参照。

出典[編集]

  1. ^ Saxo. Lib. XIV. Cap. XIX. P. 408
  2. ^ Knýtl. Bls. 242
  3. ^ . Gallén. Vem var Valdemar den stores drottning Sofia? // Historisk Tidskrift för Finland. 1976. Årg. 61.
  4. ^ Баумгартен Н. А. София Русская, королева датская, а затем ландграфиня тюрингенская // Seminarium Kondakovianum. Prague. T. 4, 1931. C. 95—104; Ён жа. Généalogies et mariages… Table V, № 45.
  5. ^ Пашуто В. Т. Внешняя политика…. C. 421, генеалогич. табл. 2, № 17.
  6. ^ Литвина А. Ф., Успенский Ф. Б. Выбор имени у русских князей в X-XVI вв. Династическая история сквозь призму антропонимики. — М.: «Индрик», 2006. — 904 с.

外部リンク[編集]