ヤロポルク1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤロポルク公の暗殺

ヤロポルク1世Ярополк I, 945年頃 - 980年)は、キエフ大公(在位:972年 - 980年)。

キエフ大公スヴャトスラフ1世の長男。母はハンガリー王女。


968年にペチェネグ人がルーシに来襲した際に、祖母オリガ、弟のオレーク、ウラジーミルと共にキエフに立て籠もる。

972年に、父が殺害された後、キエフ大公になる。

弟のオレークを殺害する。これをきっかけに弟ウラジーミルと対立する。

980年、弟のウラジーミルとの戦いに敗れ、殺害される。


先代:
スヴャトスラフ1世
キエフ大公
4代
972年 - 980年
次代:
ウラジーミル1世